こんにちは。

 

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

 

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、克服者、治療者 という全ての体験を経た勇気づけカウンセラーが、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

 

 

昨日は認知行動療法の中のアサーションについて語りました。
アサーション自体は認知行動療法とは別に人権擁護の流れから生まれてきたものですが、それを認知行動療法の中に取り入れていると言った方が正確です。

アサーションは自分も相手も大切にする表現技法のことを言います。
私たちは人との関わりにおいて、思っていることや言いたいことを我慢してしまったり、あるいは人を傷つけてしまうことがあります。

人間である以上、人と関わる以上、これは避けられないことです。
八方美人であるということは不可能です。
意識的にかあるいは無意識的にか、八方美人的に人と関わるタイプの方がいます。

こういった方は自分は誰も傷つけていないと言うかもしれません。
なるほどそうかもしれない。ただ、その方に聞きたいのです。
あなたは自分自身を傷つけていませんか?

このように人と関わるうえにおいては、誰かを傷つけてしまうことがままあります。
ただ、そういった中でも、自分も他人も大切にする表現方法があるのではないか?

それがアサーションなのです。
アサーションには基本的な考え方として、人にはアサーティブ権があると考えます。
細かく言えば色々ありますが、アン・ディクソンという方が述べているものを以下に抜粋します。

1.私には、自分の要求を言葉に表し、日常的な役割に縛られない一人の人間として、物事の優先順位を決める権利がある。

2.私には、賢くて能力のある人間として、対等に、敬意を持って扱われる権利がある。

3.私には、自分の感情を言葉で表現する権利がある。

4.私には、自分の意見と価値観を述べる権利がある。

5.私には、「イエス」、「ノー」を自分で決めて言う権利がある。

6.私には、間違う権利がある。

7.私には、自分の考えを変える権利がある。

8.私には、「分かりません」という権利がある。

9.私には、欲しいものを欲しいと言い、したいことを言う権利がある。

10.私には、他の人の問題に責任を取らなくていい権利がある。

11.私には、人から認められることを当てにしないで、人と接する権利がある。

(アン・ディクソン「第4の生き方」)

ちなみにアサーションしない権利というものもあります。
これは何を意味するのか?

それは私達はいかなる選択をしてもいいということです。
つまり、私達には自分で自分の行動や人生を選びそれに責任を取る権利があるということです。

言いたいことを言ってもいいし言わなくてもいいのです。
私達には自分の行動を自分で選択し、そして自分が自分らしく生きる権利があるのです。

人との関わりにストレスを抱えている人にはこれが損なわれていることが多いのです。
社交不安障害の方はアサーティブに生きていません。

 

社交不安障害の方は自分で自分の行動を選んでいるというよりも、人にどう思われるか、人にどう見られるかという「他者の目」を基準に行動しています。

そこには自分自身はいないのです。

 


(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

 

http://www.with-prem.com/  

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症

対人恐怖症ブログランキング参加用リンク一覧