あがり症とは?

人前で話す時、なんだか知らないけどすごい緊張しちゃう・・・
会議や授業で当てられた時、ドキッとして顔が真っ赤になってしまう・・・
人と話している時、ドキドキして目が見れなくなっちゃう・・・

もし、そんなことがあったら、もしかしたら、あなたはあがり症なのかもしれません。
人の注目を浴びたり人から見られている状況で、緊張してドキドキしたり不安になったり、本当の自分でいられなくなる。

程度の差こそあれ、誰しもが持っていたり感じるようなことがあまりに過剰になって辛くなった時、あがり症と言ってもいいのかもしれません。

ただ、厳密に言うと、あがり症とはお医者さんでの診断名ではありません。
いわゆる、世間で使われている俗語です。

だから、自分があがり症と言えばあがり症なのかもしれませんし、結構あがっていても、いや自分はあがり症なんかじゃないと言えばあがり症ではない。極めてあいまいなものです。

シャイとか、恥ずかしがり屋とか、最近ではコミュ障(コミュニケーション障害)というのもそうでしょう。

これが、例えば精神科医や心療内科医などに行って、確かにちょっと病的ですねと診断された時の名称が、社交不安症(社会不安障害、社交不安障害、SAD)と呼ばれるものです。
日本では対人恐怖症などとも呼ばれます。

そして、場合によってはお薬が処方されたり、精神療法などを行うこともあります。

あがり症の生態

では、あがり症の人っていったいどれくらいいるのでしょう?

海外の調査に人口の3%~13%があがり症というデータがあります。
ざっくり言うと10人に1人です。
私の感覚では学校のクラスの一クラスに2人ぐらいいる、そんなイメージです。

しかし、私たちが日常であがり症の方を目にすることはそんなに多くありません。
なぜならあがり症の方は、それがバレないようにとひっそりと身を潜めているからです。

あがり症であることがバレることは危険を意味します。
自分が否定される、あるいは自分の価値観が脅かされるからです。

しかし、社会で生きていく以上身を潜め続けることはできません。
人前で話す機会は避けられません。

自己紹介、朝礼、会議、発表、打ち合わせ、等々あらゆる場面に人前で話す機会があります。彼ら彼女らにとってはただならぬ恐怖です。
人生の危機です。

では、彼ら彼女らはそれにどう対峙するのでしょうか?

人前で話す本番の何日も前から悩みます。
あがらないように、緊張しないように、震えないようにと様々なことを考えます。備えます。

ある人は原稿を一言一句用意したり、ある人は深呼吸や呼吸法を、ある人は話し方や発声法を。

しかし悲しいかな、その準備で上手くいくことはまずほとんどありません。
かえってうまくいかないことがしばしばあります。
それはなぜでしょう?

あがり症の悪循環の仕組み

あがらないように緊張しないようにと、緊張や不安に意識を集中します。
そこに注目します。

注目を集めた緊張と不安はかえって明確になり、より症状を強めます。
寝られない時に時計の音を気にすると益々きになるようなものです。それは、湧き上がる緊張と不安をなんとか抑えよう、なんとか軽くしようとあたかも火を水で消すかのようにエネルギーを注いだのが、よくよく見たらそれは水ではなくて油だったといったようなものです。

かえって症状を悪化させていたのです。
良かれと思って行動していたことがかえって自分を苦しめていたのです。

次へのページへ →1 2