こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、克服者、治療者 という全ての体験を経た勇気づけカウンセラーが、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

昨日は認知行動療法の中の行動活性化について語りました。

状態が重いときは認知のほうにアプローチしてもなかなかうまくいきません。
かえって何も考えずとは言いませんが、あれこれ考えるよりも億劫ながらも行動をすることで気分が晴れるということがあるものです。

それはちょっとした散歩なのかもしれないし、運動することかもしれない。音楽を聞くことかもしれない。
答えは本人が知ってます。
心理療法の基本ですが、答えはクライエントの中にあるのです。

あと大切なことですが、自分が調子悪くなった時の程度に応じて何をするか備えておくWRAPという整理ツールもあります。

さて、今日も認知行動療法の続きですが、認知の歪みではなく現実に問題がある場合の話です。

本人の認識と現実の状況にギャップがある場合は、7つのコラム(認知再構成法)が有効となりますが、実際の問題がその通りである場合は歪みを直すわけでもない、行動活性化して元気になるわけでもない、実際の問題解決のアプローチを取っていくことが必要となります。

社交不安障害の方で、例えば職場環境でストレスを感じる上司などがいてよく咎められるような場合、益々症状や不安が増していきます。

そこでカウンセラーは詳しく状況を聞き出した上で、ブレインストーミングの手法で解決案を本人と共に探っていきます。

ブレインストーミングとは、アイデアを何でもありで出していくやり方のことを言います。
ブレインストーミングの原則は、1.批判なし、2.自由奔放、3.質より量、4.連想と結合です。

すなわち、下らないと思うようなアイデアであろうが突拍子もないアイデアであろうが、ありとあらゆるアイデアをどんどん挙げていき、場合によってはアイデアを結合したりしていくのです。

時にうまくいくアイデアは突拍子もないアイデアであることがままあります。

そうして、ジャンジャン挙げていったアイデアのそれぞれのメリットデメリットを書き出します。

私は実際にこれをする時、それらの効果や実行可能性などを数値化して入れたりすることもあります。

こうして頭の中になんとなくあったアイデアが、書いて目の前に提示されることで行動することへの判断がしやすくなります。

先ほど例を出した上司がキツいというケースの場合、アイデア案として、例えば辞めてしまうとか、逆ギレするとか、上司を飲みに誘うとか、返事をハキハキするとか、社長に訴えるとか、ちらっと考えただけでも、色々挙がります。

私個人としてはこの問題解決技法が結構好きで、クライエントの方と結構盛り上がります。
第三者委員会に訴えてしまえ!などと無茶な案言ったりして。

こうして挙がった案は決して強制されることなく、本人が出来そうなことを選んでもらい、実行へと移っていくのです。

また、実行の際は懸念されることへの対処も想定しておいて、いつどこで誰が~というアクションプランを元に行動に移るのです。

この問題解決技法の何が良いと言えば、1人だと想像もつかないような案が出ることや、人と相談することで支えられている感覚を持つことで、行動への勇気づけがなされるところです。

やっぱ、私はこれが好きだなぁ。

(明日に続く)

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 対人恐怖症
http://mental.blogmura.com/taijin/img/taijin88_31.gif