こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症克服カウンセリングを専門とします。
 

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、克服者、治療者 という全ての体験を経た勇気づけカウンセラーが、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症克服法やあがり症の仕組み、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

 

私はカウンセリングや高齢者電話相談などいろいろやっていますが、メインの仕事は障害者の就労支援です。

具体的には市内在住の就職を希望する身体・知的・精神障害者の方々に対し、就職に必要な様々なサポートをする何でも屋といった所でしょうか。

大きく言うと、三つの役割があります。

一つは当事者への生活面、メンタル面、スキル面へのサポート。

二つ目は、当事者を雇う企業への受け入れ支援、ノウハウの提供、相談対応。

そして三つ目が当事者が企業就労へと行く道筋の様々なルートの支援です。

さしずめ栄養成分を運ぶ血液みたいな存在でしょうか。

当事者の各種悩みを聞いて栄養を与える役割。

また、当事者を血液に乗せて必要な臓器(会社)へと運ぶ役割。

そして、臓器(会社)が疲弊しないように様々な血管のルートを確保するとともに血液を定期的に供給し、栄養成分を送っていく役割。

話を戻します。

そういった支援を日々行っているのですが、今日来たある方が、面接直前ということで面接の練習を行いました。

その方はメンタル面に疾患を抱え、真面目さと誠実さ故に自分を苦しめ、そして自分の悪いとこ探しにどうしても集中してしまうような方でした。
かつては、とある会社の人事課にも所属していた方です。

その方は完璧なまでに様々な準備をしていました。
想定問答の原稿を準備して自宅での徹底した練習。

相手企業の事前情報収集。
実際に当該会社まで行ってきたようです。

そしてハローワーク主催の事前面接練習会に参加してきたとのことでした。

その方は私に訴えます。

想定外の質問が来た時、どうしてもうまくいかない。
頭が真っ白になる。
面接官がコワモテだと緊張してしまう。
また、緊張が強く喉がからからになって口が上手く回らない、と。

私は彼に提案しました。
まずは、できることとできないことをしっかり分けましょうと。

まず、想定外の質問が来ること。
これは、面接をする上で当然に起こることだし、そういった時は頭が真っ白になるのも十分あり得ること。
また、面接官は選べないし、面接官がどう評価するかということ。
そして、喉がカラカラになって口が回らなくなること。

これらに対しては自分から何かできないし避けられないことですねと確認し、彼も同意しました。

そして、あなたの強みは何でしたか?と聞きました。
彼は、うーん、と考えながらも誠実さであるとか、人が見てようが見てまいが手を抜かないことなどと答えました。
私は、ではその強みを発揮してくださいと彼に言いました。
すなわち、頭が真っ白になったり、緊張して喉がカラカラになったとしても、誠実に一生懸命答えようとすることはできますね?と。

そして、聞きました。
ペラペラと軽い感じで答える人とトツトツながらも質問に誠実に答えようとする人では、面接官はどちらを選ぶと思いますか?
人事にいたあなたならどちらを選びますか?と。

彼は答えます。
誠実なほうです、と。

私は答えます。
そうです、企業側が見るのはその人の話し方ではなくその人の人間性なのですと。

ですからあなたは、いかなる状況が起こっても、例え喉がカラカラになっても、質問されたことに誠実に答えようとすればいいのです、と。

こうして話していくうちに、切々と訴えていた彼の表情が徐々に和らいでいきました。

もちろん私は面接練習において技術的な指導もします。
話し方、適切な答え方、目線などを指導したり、ビデオに撮って本人に自分で気付いてもらったり、鏡を使って姿勢を正してもらったり、などなど。

しかし、本質的なことを踏まえての技術指導でないと、表面的なリクルート型の受け答えをすればいいなどと勘違いする恐れがあります。

極度の緊張にありながらも、頭が真っ白になりながらも、喉がカラカラになったとしても、いや、だからこそ自分自身の人間性を相手に伝えることができるのです。

(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/

 

人気ブログランキングへ   

にほんブログ村 対人恐怖症
http://mental.blogmura.com/taijin/img/taijin88_31.gif