こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症克服カウンセリングを専門とします。
 

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、克服者、治療者 という全ての体験を経た勇気づけカウンセラーが、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症克服法やあがり症の仕組み、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

我々は精神的に調子が悪い時には、特にメンタルヘルスの疾患にかかってしまったような時には、どうしても偏った思考になりがちです。
そういったものを認知の歪みと言いますが、その中に先読み思考と深読み思考というものがあります。

あがり症の方は、この先読み思考と深読み思考の傾向が通常より高いのですが、まず先読み思考とは、将来についての見通しを意味します。
何か自分の怖れている未来を考えた時に、こうなるんじゃないか、ああなるんじゃないかなどと良からぬ未来を想像してしまうのです。

会議に出席したとします。それぞれがコメントを求められ、自分にも順番が回ってくるのが想定されます。
そうすると先読み思考がやってくるんですね。

あぁ、みんなに見られる。
緊張して声が震えてしまったらどうしよう。
あいつへんな奴と思われるんじゃないか。
自分のコメントを聞いて大したことないなと思われるんじゃないか。
評価が下がってしまうんじゃないか。

等々、どんどん妄想が膨らんでいきます。これは現実の世界のものではありません。

では深読み思考についてはどうか。
会議に出席してコメントを求められ実際に発言したとします。
発言しながらみんなの様子や目線が気になります。

あの人が怪訝そうに私のことを見ている。
私があがっているのがばれてしまったんじゃないか。

緊張して声が詰まってしまった。噛んでしまった。
やばい、あの人がこっちを見た。
私の様子がおかしいのに気づいてしまったか?

あぁ、あの人がため息をついている。
私の話がつまらないんじゃないか。
緊張して話が分かりづらくなってしまったんで、聞いているのもつらくなってしまったんじゃないか。
あぁ、私の評価が下がっていく・・・

妄想がどんどん膨らんでいきます。これもまた現実の世界のものではありません。

このように先読み思考と深読み思考は、確かに当たっていることもあるかもしれませんが、一方、そうではないかもしれません。
いずれにせよ当たっているかどうかは実際の所、分からないのです。

まだ来ぬ未来について負の妄想を拡げていく。
今ある現実について負の妄想を深めていく。

あがり症の方は今を生きていないのです。
その能力や思いやエネルギ―など自分の全てを妄想に注いでしまっていて、現実の世界に投射していないのです。

今とは何か?
今とは自分の行動、自分の発言、現実の世界の中身です。
事実そのものです。

会議で発言した発言そのものは相手がどう思おうが、どう思われようが引き算も掛け算もできません。
事実はそれ以上でもそれ以下でもないのです。

我々は現実の世界に立ち返る必要があります。
例えあがってしまってもどんな内容の発言をしたか、例え声が震えてしまっても伝えたいことが伝わったかどうか。
今なすべきことを出来たかどうか。
できなかったとしたら自分は何をなすべきなのか。

つまり妄想の世界に生きるのではなく、事実本位の視点で生きていく必要があるのです。

例え緊張してしまっても事実本位の視点でものを関わることができるようになった時、そしてそういった機会が増えていった時、あがり症が治るのではなく、極度にあがるのでもなく、適度にあがることができるようになるのです。


(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/