気分本位と事実本位

以前にも書きましたが、あがり症の方々には消極的自己中の方が多いです。

消極的自己中とは、自分から他の誰かや周りに悪いことをするわけではないが、自分のことしか考えられなくなっている、あるいは自分のことしか見られなくなっている、という自己中心的態度を意味しています。

これは、自分の抱える症状による余裕のなさによるものか、あるいは先天的傾向としてあるのかもしれません。

いずれにせよ、人との関わりで生きていくのが社会ですから、これは周囲のみならず、一番は本人にとってよろしくないことでしょう。

 

そして消極的自己中のピークはやはり人前で話す時でしょうか。
もちろん人によっては違いもありますが、しかし社交不安障害の方やあがり症の方は概ねそうでしょう。

そしてそのマックスの緊張時、もうスポットライト浴びているかのように自分が失敗するのではないか、声が震えたらどうしようなどと自分がどう見られているかにばかり意識を向けます。それこそ自分の全能力をかけて。

こういった状況において話している本人は話の内容をどう意識しているのか?
はっきり言ってあがり症の方にはどうでもいいとは言いませんが、それに近いものがあるのではないでしょうか?

だって、人の目、人の思惑ばかり気にして、自分の評価を下げていないなと分かればそれでいいのですから。

 

このように、自分の不安や恐怖の有無とその程度にこだわり、それに一喜一憂する態度を森田療法では気分本位と言います。

一方、緊張しながらも汗をかきかきつっかえながらも、伝えるべき内容を伝えられたか、自分の役割をこなせたかどうかに集中する態度を事実本位、目的本位と言います。

気分本位の方は、相手に伝わったかどうかより、自分の一挙手一動足を見ている相手の目を恐れます。

事実本位の方は、相手の目を恐れはしても、伝わらないことによる目的が達成されないことを懸念します。

意識のあり方が180度違うのです。

 

この気分本位と事実本位の態度というものは、あがり症の方にとって占める割合が異なります。

一番症状が重い時期は気分本位10で、事実本位の割合がゼロかもしれません。
それが回復の過程において次第に気分本位の割合が下がっていき、事実本位の割合が上がっていきます。

ですから、あがり症の程度はこういった側面からも推察できます。
そして、あがり症の克服においてはいかに事実本位の姿勢を高めていくかということですが、これは「あるがままに」という言葉がキーワードとなります。

それは、緊張しながらでもびくびくしながらでも、その気持ちのままに、その場の目的を達成するために恐怖場面に突入するということです。
この行動態度が継続してできるようになった時、あがり症は着実に回復していきます。

簡単に言ってしまっていますが、このあり方には相当な勇気が必要でしょう。
この勇気を持ち、かつ、保ち続けるためには二つのことが大きな支えとなります。

 

一つは自分の悩みを理解し共有してくれたり応援してくれている人や、あるいは同じ悩みを持つ仲間の存在です。このつながりが、崩れそうになる自分の勇気を支えるのです。ここにこそ支援者や自助グループの持つ意味があります。

そしてもう一つは、価値観です。
それは自分がどうありたいか、このままの人生でいいのか、どういた人生を送りたいのか、ということです。

私がこのブログで再三再四、言い続けていることであり、私はあがり症の方に対峙した時、この点を問い、かつここを高めていけるよう会話し、勇気づけるでしょう。

 

ほんの少しずつでもいい、事実本位の割合を高めていく必要があるのではないでしょうか?

始まりは本当に本当にほんの少しでいいのです。
ほんの小さな一歩から始まるのです。

 

 

クライエントを信じるということ

ある方がご自分のネガティブな思考に悩んでいるということで私の前にきました。
その方は、ご自身の身体の進行性の障害により徐々に悪化していく自分の体や環境の変化に、心が対応できていないご様子でした。

その方は認知行動療法をやってほしいとのことでしたが私は後に回しました。
それよりもその人が望む解決像やそのためにできることを知りたかったので、そういったことをまずは聞いていきました。

今よりほんの少しでも良くなっているとしたらどうなっているか?
その時の自分は今とどう違うか?
そのために何かできそうなことはあるか?
等々聞いていきました。

すると彼女はおもむろに「話し方教室に通いたい」と言いました。
ホエ?といった表情で私が反応すると、彼女は、「社交不安障害なんです」と答えました。

ご様子を見ているととてもそうは見えません。
そして私はすかさず答えました。

「奇遇ですね、私もそうなんです。」と。

彼女もまた、とても信じられないといった表情で私を見ます。
さらに私は追撃の手を緩めません。

淡々と、かつ、強く言い切りました。
「社交不安障害は必ず良くなりますよ」。
明らかに彼女の顔が変わるのが分かりました。

 

私は常々感じるのですが、カウンセラーのあり方がいかにクライエントに影響を与えるかということです。

言葉づかいは正しいかもしれないがそこに暖かみや心がこもっていない時、言葉は正しいかもしれないが言葉に魂が入っていない時、言葉は正しいかもしれないがそこに確信が伴なっていない時、こういった時はクライエントの心に入りにくいんですね。

自分自身でもこういった言葉を発している時、非常に違和感を持ちます。
自分自身が発した言葉に疑念を抱きます。
話している本人がそうなのですから、きっと相手にも伝わりやすいのではないかと思います。

今回、私が発した「社交不安障害は必ず良くなりますよ」という言葉は根拠はありません。

しかし、山の達人が晴れているのに間もなく雨が降るよと言いきってそれが当たるかのように、私もさも当然のように必ず良くなりますよと言い切りました。
この確信が彼女に伝わったのです。

このやり取り自体がカウンセリング的要素を持ちます。
なぜなら、あまりに高い壁と信じていたものが、あれ?違うのかな?といったように固着した思いこみを緩める作業となるからです。

カウンセラーとして、神レベルとも言われる東豊先生はあるセミナーで言いました。
「カウンセラーが問題と思えばそれは問題になる。カウンセラーが問題と思わなければそれは問題にならない」と。

いわば、カウンセラー自身が問題を作り出していると言うのです。

そして東先生は言いました。
「私はカウンセリングが始まる前に既にクライエントの問題は解決すると思っている」と。

プロフェッショナルが集まっている聴衆は静まり返りました。

 

問われるのはカウンセラーの信念であり、クライエントの可能性や回復力を信じることなのです。

これは我々カウンセラーに突きつけられた大きな課題なのです。