目的本位と他者視点

昨日のブログで、明日は「目的本位に生きる」について書きますとお知らせしましたので、それについて書いていきます。

森田療法では最近は少なくなったようですが、当初は入院療法として絶対臥辱療法と呼ばれるものが行われました。
現在では慈恵医大など全国で7つぐらいの医療機関でやっているようです。

この療法は、最初の一週間ぐらいは何もせず、ただ横たわって寝るというものです。
要は何もしない時間をひたすら過ごすのです。

そして、その時期が過ぎると作業期と呼ばれる時期に入ります。
そこでは何らかの日中活動に入ります。
掃除、草むしり、園芸作業等を行います。

 

ある時、森田療法の創始者である森田正馬がある入院患者の行動を目撃しました。
園芸作業においては水やりをしますが、その入院患者はなんと雨の日に鉢に水をやっていたのです。

水やり作業の本来の目的は草木が枯れないよう鉢に水を適宜入れることであり、雨などで水が入っていれば本来水を入れる必要はありません。
しかし、この入院患者は鉢に水を入れるという行為そのものが目的となっていたのです。

これを「手段の目的化」と言います。

 

これなどは滑稽な例とも言えますが、対人恐怖症の方や神経質症の方は決して笑うことができない所があります。
程度や種類の差こそあれ、似たようなことをしているのです。

勉強する時に雑念が湧き上がって勉強に集中できないという雑念恐怖症の人は、本来の目的である勉強することをさておいて、集中するために座禅などの手段に一生懸命取り組むかもしれません。

赤面症の方は、濃い化粧や、タートルネックの服という手段を。
醜貌恐怖症の方はマスクという手段を。

私が30歳の時に出会った心療内科の医師は言いました。
しきりにあがることの苦しみを訴える私に、その医師は明確に否定しました。
「緊張することは治せない」と。

そして続けて言いました。

「君は緊張しないようにと人より強く意識することによって余計それに囚われてしまっている。緊張しないように、あがることがばれないようにというのは手段の目的化だ。本来、人に話すのは伝えるためだ。その目的に集中している時、あがることが治るのではなく、あがることを忘れることができる」と。

私はこの時のシーンを忘れることができません。衝撃でした。

森田療法の軽作業期は、まさにこの目的本位の行動をすることを目的としています。
清掃なら清掃作業そのものに集中する。
どうすれば効率よくきれいにできるか。

教師、講師ならば、あがらないように話すのではなく、相手が理解しやすいよう話す。これは自分視点ではなく他者視点のものです。

他者視点に立つことができると、あがり症の方はかなり症状が軽減していきます。
そしてこれは実は皮肉なパラドックスでもあります。

それはあがり症の方の苦しみは、自分のためにと思えば思うほど苦しくなり、他の人のためにと思えば思うほど自分のためになり軽減されていくという特徴があるのです。

目的本位と他者視点があがり症克服のキーワードとも言えるでしょう。

 

全ては小さな一歩から始まる

今日、私の元に来られた女性は言いました。
「朝が来るのが怖い」

状況が厳しく先行きが見えなくなってくると、人は将来への可能性やより良い未来を思い浮かべることができなくなっていきます。そして視界が狭くなっていき絶望的気分に襲われます。

やがて一日の全てを絶望の淵に立っているかのように過ごしていくのです。

寝ている間は忘れることができます。
しかし、やがて朝が来ます。

昨日と同じ今日が始まります。
昨日と同じ今日、今日と同じ明日に怯えるのです。

 

私はその女性に聞きました。
「今より、ちょっとでも良くなるとしたら何が変わってますか?今との違いは?」

彼女はうつむき加減に少し考えて、絞り出すように言いました。
「分からない。想像することすらできない」と。

今日はわたしは、彼女の状況をつぶさに聞いて、これまで大変な中やってこられたことをねぎらい、ここに来たことそのものによくぞ来られましたと声をかけて終わりました。

 

絶望的状況や気分においては、白か黒か、ゼロか百かなど極端な思考になりがちです。
わずかな可能性を信じられなくなるのです。
つまり、明日への希望がなくなるのです。

人は例えお金をなくしても、人の信頼を失っても、不治の病となっても、明日への希望があれば踏ん張ることができるのです。
希望なき人は倒れかねません。

私が、あがり症に最も苦しんでいた頃、毎日が闘いでした。
闘いたくなんてないのにです。

毎日、逃げたくても無理やりリングの上に上げられ、症状という化け物と勝ち目のない闘いを強いられるのです。
あがり症は症状と闘っている限り決して勝つことはありません。

 

私はチャンピオンに対して逃げ惑う、もやしのように細い若手レスラーといったところでした。
グロッキーにななろうがなんだろうがチャンピオンは決して手を緩めませんでした。

 

本当に心身共に限界でした。
しかし、それでも毎日リングに立っていたのです。
限界の日々を毎日毎日繰り返していました。

その中で、立つこともできなくなりそうな瞬間が唯一ありました。

それは医師に「治らないよ」と言われた瞬間でした。
それは希望を失わせる言葉でした。
それは私にとっての蜘蛛の糸が切れた瞬間でした。

 

私が、今日来た彼女にこれからすべきことは決まっています。
それは希望を与えることです。

それは何も全てを解決することでもなく、大きな達成や変化を成し遂げることでもありません。
ほんのわずかのささやかな達成、小さな小さな成功でいいのです。
それを彼女ができるよう支えることです。

 

私がカウンセリングの軸に置いているブリーフセラピーという心理療法では「小さな変化が大きな変化を起こす」という考え方があります。

蟻の穴から堤は崩れるという諺があります。
そうです。全ては小さな一歩から始まるのです。