勇気づけを理念に対人援助の仕事に従事しています佐藤です。
このブログでは主にあがり症(社交不安障害、対人恐怖症)のことについて語っていきます。

森田療法には、臥褥療法と呼ばれる入院療法や外来療法、他に日記療法というものがあります。

臥褥療法とは、最近は慈恵医科大等、実施している機関が少なくなってきていますが、森田療法の原型とも言うべき療法です。

患者に何もさせずにずっと寝ているよう指示し、本来持っている生の欲望を賦活させようとするものです。

そして、目の前に置かれた作業にあるがままに集中して臨むよう促していくものです。

また、外来療法とは定期的に通院するものであり、そして日記療法はそれをカバーすべきものと言えます。

精神科外来は3分診療などととも揶揄されることもあるように、多数の患者をこなさなければならない状況か続いています。

そのため、きっちりと時間をとった心理療法を実施するということは精神科外来においては非常に厳しいです。

病院によっては臨床心理士などによるカウンセリングも実施しているところもありますが、全てそうだとも言えません。

そういったことをカバーするものとして、森田療法を実践する精神科において日記療法が利用されることがあります。

この日記療法は3つのメリットがあると言えます。

一つは精神科の時間的制約をカバーすること。
そして、もう一つは患者の気付きを促すこと。
そして、医師との治療関係をより良くするということです。

患者に毎日日記を書いてもらい、そこで森田療法的観点から、患者特有の認知の歪みを指摘していきます。

書面に落としたものは何度も見返すことができ、患者に新たな気付きを得やすくします。

また、表現することが苦手な対人恐怖症の患者の場合、日記を通しての自己表現が普段とはうって変わったように、イキイキとする人もいます。
そして日記療法により医師とのより濃密な治療関係を築くことも可能となります。

私としては、この日記療法は有効なツールの一つではないかと思っています。

メールカウンセリングや電話カウンセリングなど、最近は様々なカウンセリングのやり方が選択できるようになってきていますが、この日記療法というレトロなやり方はカウンセラーとクライエントの肉筆による温かみや感情のこもったやり取りが可能となるからです。

カウンセリングにおいては会話はもちろんですが、カウンセラーとクライエントの治療関係が結果に大きな影響を及ぼすため、希望する方がいれば定期的カウンセリングと並行して日記療法を実施していこうと思っています。

ご相談はこちらまで

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/