こんにちは。


勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤です。

 

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、克服者、治療者 という全ての体験を経た勇気づけカウンセラーが、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

以前にも書きましたが、あがり症の方々には消極的自己中の方が多いです。
消極的自己中とは、自分から他の誰かや周りに悪いことをするわけではないが、自分のことしか考えられなくなっている、あるいは自分のことしか見られなくなっている、という自己中心的態度を意味しています。

これは、自分の抱える症状による余裕のなさによるものか、あるいは先天的傾向としてあるのかもしれません。
いずれにせよ、人との関わりで生きていくのが社会ですから、これは周囲のみならず、一番は本人にとってよろしくないことでしょう。

そして消極的自己中のピークはやはり人前で話す時でしょうか。
もちろん人によっては違いもありますが、しかし社交不安障害の方やあがり症の方は概ねそうでしょう。

そしてそのマックスの緊張時、もうスポットライト浴びているかのように自分が失敗するのではないか、声が震えたらどうしようなどと自分がどう見られているかにばかり意識を向けます。
それこそ自分の全能力をかけて。

こういった状況において話している本人は話の内容をどう意識しているのか?
はっきり言ってあがり症の方にはどうでもいいとは言いませんが、それに近いものがあるのではないでしょうか?
だって、人の目、人の思惑ばかり気にして、自分の評価を下げていないなと分かればそれでいいのですから。

このように、自分の不安や恐怖の有無とその程度にこだわり、それに一喜一憂する態度を森田療法では気分本位と言います。
一方、緊張しながらも汗をかきかきつっかえながらも、伝えるべき内容を伝えられたか、自分の役割をこなせたかどうかに集中する態度を事実本位、目的本位と言います。

気分本位の方は、相手に伝わったかどうかより、自分の一挙手一動足を見ている相手の目を恐れます。
事実本位の方は、相手の目を恐れはしても、伝わらないことによる目的が達成されないことを懸念します。

意識のあり方が180度違うのです。

この気分本位と事実本位の態度というものは、あがり症の方にとって占める割合が異なります。
一番症状が重い時期は気分本位10で、事実本位の割合がゼロかもしれません。
それが回復の過程において次第に気分本位の割合が下がっていき、事実本位の割合が上がっていきます。

ですから、あがり症の程度はこういった側面からも推察できます。
そして、あがり症の克服においてはいかに事実本位の姿勢を高めていくかということですが、これは「あるがままに」という言葉がキーワードとなります。

それは、緊張しながらでもびくびくしながらでも、その気持ちのままに、その場の目的を達成するために恐怖場面に突入するということです。
この行動態度が継続してできるようになった時、あがり症は着実に回復していきます。

簡単に言ってしまっていますが、このあり方には相当な勇気が必要でしょう。
この勇気を持ち、かつ、保ち続けるためには二つのことが大きな支えとなります。

一つは自分の悩みを理解し共有してくれたり応援してくれている人や、あるいは同じ悩みを持つ仲間の存在です。このつながりが、崩れそうになる自分の勇気を支えるのです。
ここにこそ支援者や自助グループの持つ意味があります。

そしてもう一つは、価値観です。
それは自分がどうありたいか、このままの人生でいいのか、どういた人生を送りたいのか、ということです。
私がこのブログで再三再四、言い続けていることであり、私はあがり症の方に対峙した時、この点を問い、かつここを高めていけるよう会話し、勇気づけるでしょう。

ほんの少しずつでもいい、事実本位の割合を高めていく必要があるのではないでしょうか?
始まりは本当に本当にほんの少しでいいのです。
ほんの小さな一歩から始まるのです。

 


(質問や相談について)
カウンセリングを受けたいなどのご相談は下記ホームページにお問い合わせください。
何か質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム

http://www.with-prem.com/



 

人気ブログランキングへ    

にほんブログ村 対人恐怖症

対人恐怖症ブログランキング参加用リンク一覧