日本独自の精神療法である森田療法は、現在、諸外国においてもその有効性が認識されてきています。

森田療法の対象とする疾患は神経症と呼ばれるものであり、具体的にはあがり症、赤面症、強迫性障害、書勁、視線恐怖、自己臭恐怖等々があります。
現在は、ガンの終末期患者などにもその適用が広がっています。

森田はこれら神経症の症状の仕組みを皆同じものとして捉えました。

一言で言うなら、気にしないようにすればるほど気にしてしまう病といった所でしょうか。

私にも、これら対人恐怖症の中でいくつか該当するものがありました。
その中の一つに自己臭恐怖症があります。

かれこれ20年以上前、高校生の頃、ふと自分の足が匂うことに気づきました。

0か100かの極端思考だった私には、微かな匂いでもあってはならないことです。

何度も何度も風呂場で洗っては匂いを嗅ぎ、微かな匂いに、あぁ、と失望します。
今考えるとアホかといった所ですが、当時の私は真剣でした。

学校に行っても自分の靴の匂いを嗅ぎます。匂いは確かにします。

そこで取った私の対応は消臭スプレーでした。
なんて賢いと言いたい所ですが、当時の消臭スプレーは今と比べていまいちだったんでしょうかねぇ、グレープフルーツか何かの匂いのするスプレーを買ってブシューってかけたら今度は余計ひどい匂いがしてきて、慌てた私はその匂いを封じ込めるかのように靴を足に入れました。

そんな状態で教室に入ったら、それはもう明らかに周囲の様子が変だったのを覚えています。
もう絶望的シーンです。

こんな風に対人恐怖症の症例は、他人事だと何をそんなことをと、おかしな話なんですが、当の本人は真実悩んでいるんですね。

これは、強迫性障害しかり、あがり症しかりです。

ホント、そうでない人から見ると取るに足らないことなんですよね。
なんで、こんなことで悩まなきゃなんないんでしょうね。