あがり症(対人恐怖症、社交不安障害)の方は、自分の恐れるようなことに直面したり、察知したり、予見したり、頭をかすめたりすると、心が反応します。それも一瞬にして。

スパッ!と下から上へと突き上げるような衝動的恐怖。

誰が名付けたのか、「あがり症」とは天才的なまでにピタッと来る名称です。

本当に緊張のMAX時には、身体の重心が上に行き、バランスが悪くなります。

しかも、あがり症の方は頭の想像の世界であれやこれやと悩み続けるので、確かに頭でっかちになっているのかもしれません。

実際、あがり症が良くなったりリラックスできるようになっていくと、重心が下へと移り、重心が腹まで来たときには正に腹が座って安定するのかもしれません。

それで、あがり症の方が自分が恐れる場面に直面しそうな時、その突き上げる戦慄的な恐怖にたじろぎます。

恐れます。
逃げたくなります。

そうして、緊張、恐怖、不安、動悸、手の震え、声の震え、発汗、顔の歪み、頭の震え、顔がぴくぴくすること、他者の目、他者の思惑、そういったあがり症に付随するものにひたすら注目します。凝視します。

怖い怖いと思いながらも目を背けられない。

それはさながら、日本の恐怖映画の「リング」の貞子が井戸から這い上がってヒタヒタと迫ってくるのを、腰が抜けて後ずさりしながら凝視するかのような。

ヒマラヤの山奥で30メートル先にヒグマを見つけて固唾を飲んでいるかのような。

そして、ピクッとヒグマが動いただけで髪の毛が逆立ちます。

ドキッ!心臓がバクバクします。

それが自分をギロッと見て向かってきたらもう、息が止まりそうになります。
来た!!!

人は時に、こういった場面で火事場の馬鹿力を発揮したりするものです。

普通は一生に一回あるかどうかの恐怖場面でしょうから、もちろんその時だけしか発揮できませんが。

一方、あがり症の方の場合、症状が悪化していくと、一生に一回どころかそれこそ毎日貞子の影に怯えるようになります。毎日、ヒグマに遭遇するんじゃないかと気が気でなりません。

気の休まる暇などありません。
肩をすぼめて目を伏せ目がちにキョロキョロ、ビクビクして。

ただただ、貞子がいつ来る貞子がいつ来ると、髪の毛が逆立つかのような恐怖と不安に包まれた日々を過ごします。

このように、あがり症が重くなっていくと、単なる不安ではなく、度を越えた火事場の馬鹿不安?の日々を送るようになります。

なぜ、そこまでの極度の恐怖や不安を感じてしまうのでしょうか?

あがり症の方は世界を見誤っているのです。

私は劣っている、世界は危険だ、劣っている人間はやられる、だから警戒しなければならない、たがらあがってることを知られてはならない。

これがあがり症の方が見ている世界です。
なんて危険な世界でしょう、なんて恐ろしい世界でしょう。

こうして見てみると、あがり症の方が人前で過度に緊張して警戒してしまうのも分からなくはないのではないでしょうか。

だから、あがり症に対する本当の意味での克服法とは、症状そのものへのアプローチだけでは半分なんですね。

だって、仮にあがり症の症状がなくなったとしても、他者に対する警戒感やこの世界への恐怖感が変わってなかったとしたら、次なる警戒の対象をも見つけるでしょう。

たとえそれが真実でなかったとしても。
そうしてまた新たな悩みを創り出すのです。

嫌われたんじゃないか、自分のこと悪く言ってるんじゃないか、といったような猜疑心に囚われたりするようになります。

ましてや服薬したり話し方のテクニックを身に付けるだけでは、あがり症克服の半分にすら及ばないと私は思っています。

服薬したり話し方のテクニックを身に付けたあがり症の方、いかがでしょうか?

服薬しながらのあがり症克服は、私はありだと思っていますが、それはあくまでこの生き辛い今を生き延びるためだけのものと割り切る必要があるでしょう。

メインではなく、あくまでもサブの役割で。

割り切れずに、薬を万能視すると、薬があれば私は大丈夫という条件付きオッケーになってしまいます。

そんなの雨風を守っていたテントが強風で吹っ飛べば、もろくも崩れ去る幻想の世界の中での克服に過ぎないでしょう。

そうではなく、一つには、この世界への見方を変えていくことが大きなポイントになります。

他者は敵だ、敵ゆえに私を攻撃する、だから私は隙を見せてはならない、だから私は失敗してはならない。

この世界観を切り崩していく。
それこそ様々な発想と方法で。

ちなみに、あなたが見ていたのは本当にヒグマだったのでしょうか?
ワンちゃんだったりなんてことはないですか?

よく見もせず、逃げまくっていては、ヒグマかどうかすら確かめることなく、ワンちゃんの影に怯えるようになるでしょう。

だから、どうしてもあがり症の方には実際の恐怖場面に突入して、ワンちゃんならワンちゃんでも、ヒグマならヒグマで確かめる機会が避けられないのです。

「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」と言います。

あがり症の方は、敵も己もあまりにも知らなすぎるのではないでしょうか?