朝礼当番があるとします。
1、2ヵ月に一回程度回ってきます。
何か喋らなければなりません。

多くの人が喜んでやるわけではないでしょう。
まぁ、そういったことが好きな人もいるかもしれません。
肩書を持っている人は職務としてやるでしょう。

そうでない人も、めんどくさいなぁとか、ヤダなぁとか、あるいは緊張するなぁとか思いながら当番をこなすでしょう。

こういった方の場合、大抵はその時緊張するか、あるいは前の日とか直前になって慌て始めるかもしれません。時間にすると、それほどは長くはないでしょう。

しかし、社交不安障害(あがり症、対人恐怖症)の方は、こういった場面が想定される時は、あらかじめ緊張を準備し始めます。

数時間前やあるいは前日からかなりドキドキします。
不安と恐怖に胸が押しつぶされるようで、時に逃げ出したくなるほどに苦しくなります。

ただ、中にはその時だけでなくもっと前から悩み始める人もいます。
1週間前、2週間前、いやもっと1ヵ月前などから既に緊張し始めるのが社交不安障害(あがり症、対人恐怖症)の方の特徴なのです。

それを予期不安と言います。

緊張場面を妄想し始めるのです。
備えならば、役に立つでしょう。

だけど、社交不安障害(あがり症、対人恐怖症)の方の予期不安は大概、何ら役に立つことはありません。いやむしろ、逆効果です。

感情には目的なり意味がありますが、こと過剰な予期不安は何ら役に立ちません。予期不安などハッキリ言って無用の長物です。

日常生活に余裕がなくなるし、不安に襲われる、笑顔が消える、瞳孔が開く。メンタル面の生活の質が相当に落ちます。

そうして次第に高まっていった極度の緊張の中、朝礼当番として本番を迎えるわけです。

あまりの苦しみに何かせずには、思わずにはいられません。
この緊張、この不安、この恐怖が何とか静まらないかと。

そうして自分の心身の状態把握に意識を向けます。

やれ、声がうわずっていないか、やれ、震えたのではないか、やれ、呼吸が浅くて息が吸えてないぞ、等々。

そして敏感なセンサーはわずかな変化も見過ごしません。
それを捉えます。過剰なまでに。

そうしてアラームを鳴らすのです。
やばい!緊急事態だ!

周りに自分が緊張しているのがバレたのではないか?
手が震えたのを見られたのではないか?

相手の目線や様子を伺います。

あぁ、いぶかしげに見ている。
ばれてしまったか?

このままでは情けない人間と思われてしまう。
きっと軽蔑されたに違いない。

そうして惨憺たる結果でその場を立ち去ります。
惨めな敗軍の将のように。

誰しもが失敗した時は落ち込むでしょう。
あ~ぁ、やっちゃった。
恥ずかしい!

しかし、社交不安障害(あがり症、対人恐怖症)の方は、この落ち込みが半端ではありません。恐怖場面終了後すぐから始まります。

終了後、自分の周りで何が起こっているか、何を喋っているかは、関心外です。というか、耳に入ってこないし、あがったかどうかといったこと以外はほとんど考えられなくなります。

そうして自己フィードバックを始めます。
まるでビデオを回して振り返りするかのように。

やれ、あそこで声が震えた、〇〇さんが変な目で自分を見ていた。
ばれちゃったのではないか?

何度も何度も恐怖場面のシーンを巻き戻しては再生します。
無意識的な自動再生です。
何度となく、何度となく。

そうして、自分の失敗をあら探しをしていくのです。
益々落ち込んでいくのは火を見るより明らかです。

これらをトータルで時間にするとどれだけの長さになるのでしょう?

本番場面の前は、あらかじめ?不安に怯え、本番では極度な恐怖に陥り、終わった後は自責する。

たった数分いや、もしかしたら数十秒や数秒の恐怖場面のために何日にも渡り、苦しみ続ける。

もう大概にしませんか?
そんな人生をずっと送っていきたいですか?

とは言ってもそれができたらここまで苦しまないでしょう。
それができないから困っているのです。

社交不安障害(あがり症、対人恐怖症)の方々の生活の質の低下と時間の無駄がいったいどれほどの損失をもたらしていることか。

そのエネルギー消費は全くもって無益です。
ネガティブなことに注目し、ネガティブに陥り、ネガティブであり続ける。
考えれば考えるほど、悩めば悩むほど。

私は自分自身の体験から本当に痛感します。

そのエネルギーが健全な方向に向かったら、いったいどれだけのことを成すのか。どれだけ生産性のある事をするのか。

あがり症の方は本来生きるエネルギーの強い方が多いです。
そのエネルギーの強さを、最も注ぐべきではない所に注ぎ続けているだけなんです。

どうか、そのエネルギーを日の当たる所に注いでください。
日の目を見てください。

あなたのその生きるエネルギーが、やがてある日を境にプラスの方向へ向けられていった時、あなたにきっと何かが起こるに違いありません。

あがり症の克服者はしばしば世で活躍していきます。
本当の自己実現をこの世界の真っ白なキャンパスに描き始めるのです。

本当の自分の物語がその時、始まりの鐘を告げるのです。