求めれば求めるほど得られず
求めることを止めたとき得られる

もっともっとと思えば思うほど満たされず
もっとからほどほどに変わったとき満たされる

眠りたいと思えば思うほど眠られず
眠ることをあきらめたとき眠りに落ちる

あがらないようにと思えば思うほどあがり
あがることを受け入れたときあがることから解放される

我々は何か勘違いしてはいないでしょうか?
あたかも万能の神にでもなったかのように。

私たちは愚かにも気づいていないのではないでしょうか。
何を求めていいのか、何を求めてはいけないのか。

求めてはいけないもの、それは人間の力では及ばないもの。
それを求めることは、あたかも不可能を可能にしようという試みです。

その時、答えは逆説にあります。

あがり症は、あがらないようにと思っている限りはあがり続け、あがりを諦めた時あがりが収まっていきます。

あがり症とは心の免疫反応なのです。
異物化している限り、活性化し続けますが、あがりを自分のものとして受け入れた時、免疫反応が収まります。

その時、あなたのあがり症は治さずして治るでしょう。