去年の夏はひときわ暑かったですが、冬はそんなに寒くないような気がします。あくまで、東京の話ですが。

さて

夏は暑いものです。
冬は寒いものです。
風は時に涼しく、時に冷たく。

自然はありのままです。
古今東西いかなる時も、自然それ自体がありのままにあります。
それ以上でもそれ以下でもありません。

生き物に目を転じてみましょう。
お腹がすくと食べ物を探します。

敵の気配を感じると警戒心でキョロキョロします。
敵わない外敵に対峙すると恐怖に襲われます。逃げ惑います。

それもまたありのままの姿です。
等身大の姿です。

転じてあがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の方はどうでしょう。
恐怖場面を想起しただけで不安スイッチが瞬間的に入ります。

彼ら彼女らは、ありのままに振る舞うのでしょうか?
決してそんなことはないでしょう。

感情を抑え込みます。
コントロールしようとします。

冷静なフリ。
怖くないフリ。
緊張してないフリ。

そこにありのままの姿はありません。

夏は暑く冬は寒いものです。あがり症の方は、夏を涼しく、冬は全然寒くないよと平気な顔をしているかのようです。

あまりにもいびつです。
あまりにも不自然です。

人間誰しもが不安になり緊張するものです。
あがり症の方と、そうでない方の違いは、不安を感じたり緊張する所までは同じようなものですが、それをどう捉え、どう対峙するかが180度異なる所にあります。

どうすればいいのでしょうか?

不安や緊張をそのままに感じること。
余計なことは考える必要はありません。

不安になり、緊張すればいいのです。
不安と緊張をそのまま感じることができれば、やがて不安や緊張は流れていくのです。
加工して味を変えようとするから毒に変わってしまうのです。

あがり症に悩む全ての方に言います。
あがっていいんです。
緊張していいんです。

ありのままに体験してください。
もっとあがってもっと緊張していいのです。

時に恥をかくかもしれません。
時に何も変わってないと思うかもしれません。

けれど、あがることを許した時、あがる自分を許せた時、きっとあなたに何かが起こるに違いありません。