今日は、あがり症克服セミナーを東京の立川で開催しました。

全4回シリーズの第一回。

最近、講座風景を写真で全く撮らなくなってしまい、ちょっと反省していますが、今日は4名の方にお越し頂きました。

そこで改めて思ったことは、あがり症の方はやはり一人で悩まない方がいいということです。

私の講座では、結構な割合で、参加者同士の話し合いの時間を設けます。

ペアで話してもらったり、3、4人で話してもらったり。

その話し合いで、自分が思っていたことは絶対じゃなかったんだとか、それ分かる分かる!とか、そんな見方があるんだとか、本当にいろんな気づきがあるんですね。

それがいかに大きいことか!

人は、特に悩んでいる人ほど、自分の物の見方が極端になりがちで、それが自分を苦しめます。

カウンセリングでカウンセラーは何をしているかというと、結構なケースでクライエントの方のものの見方が変わることを意図しています。

そしてそのために必要なことは他者との対話。

これ一点!

だから、私は講座でも、ブログでも、カウンセリングでも、何度でも言います。

あがり症の方、人と繋がってください。

同じ悩みを持つ仲間でもいい、精神科医や心療内科医でもいい、カウンセラーでもいい、家族、友達、先輩、同僚、近所の人・・・

それが多ければ多いほど、繋がりが深ければ深いほど、あがり症を治さずしてあがり症を軽減させます。

薬じゃないんです。

テクニックじゃないんです。

「星の王子様」という絵本の中で、サンテグジュペリは言いました。

「本当に大切なものは目に見えないんだよ」

あがり症の克服しかりです。