あがり症(対人恐怖症、社交不安障害)の方は、自分の恐れるようなことに直面するなり、察知するなり、予見するなり、頭をかすめたりすると、心が反応します。

それも一瞬にして。

シュパッ!と下から上へと突き上げるような衝動的恐怖。

誰が名付けたのか、「あがり症」とは天才的なまでにピタッと来る名称です。

そしてその突き上げる戦慄的な恐怖にたじろぎます。

恐れます。

逃げたくなります。

そうして、緊張、恐怖、不安、動悸、手の震え、声の震え、発汗、顔の歪み、頭の震え、顔がぴくぴくすること、他者の目、他者の思惑、そういったあがり症に付随するものにひたすら注目します。

凝視します。

それはさながら、山奥で30メートル先にヒグマを見つけて固唾を飲んでいるかのような。

だから、ピクッとヒグマが動いただけで髪の毛が逆立ちます。

心臓がバクバク言います。

それが自分をギロッと見て向かってきたらもう、息が止まりそうになります。

一般の方は、こういった場面で時に火事場の馬鹿力を発揮したりするものです。

なにせ、一生に一回あるかどうかの恐怖場面でしょうから。

一方、あがり症の方は、毎日ヒグマの恐怖に怯えます。

毎日、ヒグマに遭遇します。

気の休まる暇などありあません。

ただただ、髪の毛が逆立つかのような恐怖と不安に包まれた日々を過ごします。

そうです、あがり症の方は悲しいかな、単なる不安ではなく、火事場の馬鹿不安の日々を送っているのです。

あがり症の方は世界を見誤っているのです。

世界は危険だ、他者は私を否定する。

 

そのものの見方でこの世界を見ているのです。

だから、あがり症の克服とは、症状そのものへのアプローチだけでなく、この世界への見方を変えていくことが必要になります。

あなたが見ていたのは本当にヒグマだったのでしょうか?

ワンちゃんだったりなんてことはないですか?

『あがり症なんでも相談室』定期開催!

(ZOOM全国参加可!)

<詳しくは以下より☟☟>

ストアカ

『『あがり症なんでも相談室』定期開催!(ZOOM全国参加可!)』

あがり症に関する悩み事なら何でも相談できます! 少人数で開催するあがり症なんでも相談室。講師が質問や相談に答えるだけでなく、参加者全員でいろんな意見を出し合い、一緒に考えていきます。 あがり症の方が最も恐れるべきことは孤独です。一人悩めば悩むほど、悪いことばかり考えてしまいマイナス思考の…

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あがり症は治さなくていい——大切なことはアドラーと森田正馬から教えてもらった」 佐藤健陽著<旬報社>発売中!!

【amazonより→】https://goo.gl/W6JXya

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カウンセリングのお問い合わせ

藤たけはるカウンセリングオフィス

https://www.takeharukokoro.jp/

 

 

各種セミナー詳細はこちら!

 

ストアカ

佐藤 たけはる

佐藤たけはるカウンセリングオフィス/講座・セミナー

 

……………………………………………………

あがり症克服一日一言365日

メルマガ配信中!

https:
//1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSgoDpwkk

……………………………………………………

↓クリックしてね↓

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村