昨日、開業届を提出しました。

名前は「佐藤たけはるカウンセリングオフィス」です。

私は先月までは、障害者就労支援の仕事に従事していました。

そこで勤めながら、このブログやカウンセリングとセミナーをこなしてきたわけですが、今後は個人事業主という立場で対人支援をやっていきます。

大きく3部門を対象に事業を行います。

<一般>カウンセリング・アドラー心理学ライフスタイル診断
<あがり症>あがり症克服本気塾
<障害者等>障害者等カウンセリング(障害者手帳所持者、生活保護、母子困窮世帯等)

このブログは、あがり症の方に向けて2年半に渡り書いてきましたが、実は私のやりたいことの一部なんです。

私が人生でやりたいことは、他者に勇気と希望を届けることです。

一言で言えば勇気づけです。

勇気づけの手段の一つとして、あがり症向けがあり、他には一般向け、障害者向けがあるわけです。

一般向けには、今の私がはまっているのは、アドラー心理学ライフスタイル診断です。

去年100人の方に行い、この有効性に衝撃を私自身が受けました。

約4~5時間に渡り、面談者の人生を聞いていくのですが、相手の方の反応がベタな表現ですがとにかく凄いんです。

アハ体験であり、強烈な勇気づけです。

私はこのライフスタイル診断をライフワークにします。

あらゆる人に届けたいと思っています。

企業の人材育成にも使えると思っていますので、そちらにもアプローチしていこうかと思っています。

 

そして、勇気づけのもう一つの対象が障害者など。

これまで、障害者関連で働いてきたわけですが、その半数以上が精神障害者の方々でした。

 

障害者手帳をお持ちの方は、本当は最もカウンセリングの必要性が高いのに、カウンセリングの市場価格はとにかく高い。

なので受けられない。

たまにクリニックでもありますが、ほとんどの精神科病院は保険適用外なんです。

受け皿がないんですね。

 

私は、まずは自分の事業の中で始めることに決めました。

通常は50分8000円のカウンセリング価格ですが、障害者手帳所持者や困窮世帯の方には3000円で提供します。

 

これでも彼ら彼女らには負担になることは知っています。

しかし、これ以上安くすると諸経費から考えて私もボランティアになってしまいます。

この辺が限界ラインです。

なので、とりあえず始めるにしても、いずれはNPO法人か何か仕組みを作ってやれたらなぁと思っています。

世の中の制度や枠組みにないことなので、一人ではできません。

アイデアを含め協力者が必要です。

 

もし、可能であれば、今日のブログは私の所信表明みたいなものでもありますので、可能な方にはシェアなどして頂けると嬉しいです。

思いを共有できる方などと繋がれたらなぁと思っています。

 

そしてもう一つやりたいこと。

それは終末期の方向けにディグニティセラピー(尊厳セラピー)というものを提供すること。

 

要は死にゆく人への勇気づけです。

残された家族への勇気づけです。

私は、こっちの分野へ全く何も経験がないのですが、とにかくやりたい。

 

私は、これまでの対人支援で、勇気と希望がその人の中に湧き起れば、あらゆる人が変わることを見てきました。

あらゆる人がより良く生きられるのを見てきました。

 

人は必ず今より、より良く生きられます。

例えそれが死にゆく人
であれ。

 

私は人生をかけてそれを表現していきたいと思っています。

勇気と希望を届けたいと思っています。

 

今後は更に、様々な人にご協力をお願いすることになると思います。

お世話になりますが何卒よろしくお願い致します。

 

佐藤たけはるカウンセリングオフィス
代表:佐藤健陽(たけはる)
https://www.takeharukokoro.jp/