ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎育自のための小さな魔法日本橋開催!(←育児ではなく育自)
――内閣府男女共同参画局 平成27年度女性のチャレンジ賞特別部門賞――

~人は「話すこと」と「聞くこと」でその人になってゆく~
自分を見つめ、お互いを聴き合い、ココロが元気になるワークショップ
http://kokucheese.com/event/index/340287/

◎第3回ELM勇気づけ勉強会10月,11月開催!
アドラー心理学をベースにした大好評ELM勇気づけ勉強会を開催します。
終了時には心がほかほかになります。
勇気と希望をあなたの元に。

http://ameblo.jp/732853/entry-12083300309.html

◎あがり症克服ミニセミナー開催!
月1回定期講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12078003465.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

今日は、産業カウンセラーの方々の勉強会にお招きいただいて、アドラー心理学入門という講座の講師役を務めてきました。

入門ということで概論的に幅広く説明してきました。
私がアドラー心理学が好きな理由として、未来志向であるということと自己決定性という考え方に共感できるという点があります。

未来志向でない考え方として原因志向で過去を問うというものがあります。
原因志向は勇気をくじきます。

あれが悪い、誰が悪い、~のせいで・・・等々、先行きが暗くなってより良き未来を感じられなくなります。
しかし、未来志向は過去を問いません。
今から未来に何ができるかを問います。

自分の今からの行動が未来の変革、より良き未来への可能性を感じさせるのです。
それは環境の犠牲者ではなく、人生の主体者としての自分を意味します。

同じことは自己決定性という考え方からも言えます。
自己決定性とは、環境、状況、能力、心身の状態等、いろいろな困難を抱えながらも、それにどう対峙するのか、そこからどうあるか、どう行動するかは自分で決められるという考え方です。

私はこの考え方が好きなのです。
できない理由を探すのではなく、できる可能性を考える。
できない理由から回避するのではなく、できる可能性をもとに挑戦する。

人はいかなる状況にあれ自分のあり方は自分で決められます。
あがり症の方はいかに症状があったとしても、それにどう向き合うかは自分で決められるのです。

あなたは自分の人生を実現する人生の主体者なのです。

 

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村