ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎育自のための小さな魔法日本橋開催!(←育児ではなく育自)
――内閣府男女共同参画局 平成27年度女性のチャレンジ賞特別部門賞――

~人は「話すこと」と「聞くこと」でその人になってゆく~
自分を見つめ、お互いを聴き合い、ココロが元気になるワークショップ
http://kokucheese.com/event/index/340287/

◎第3回ELM勇気づけ勉強会10月,11月開催!
アドラー心理学をベースにした大好評ELM勇気づけ勉強会を開催します。
終了時には心がほかほかになります。
勇気と希望をあなたの元に。

http://ameblo.jp/732853/entry-12083300309.html

◎あがり症克服ミニセミナー開催!
月1回定期講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12078003465.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

リフレーミングという言葉があります。
リフレーミングとは、ものの捉え方を別の見方で捉えることを言います。

良く言われるのが、コップの水に半分入っている時にどう捉えるかというもの。

もう半分しかない、いや、まだ半分もある。

事実は何一つ変わっていないのに、ものの見方が変わるだけで自分にとっての事実が変わる。

他にも例を挙げていきましょう。

・頑固→意志が強い
・怒りっぽい→情熱的
・うるさい→元気
・暗い→内省的
・引っ込み思案→慎重

これらは単語のリフレーミングです。
状況のリフレーミングもすることができます。
他えば以下のようなもの。

・なかなか学校にも行けず、友達や家族も含めて人との接触を避けている
→自分の身を守っている。

・仕事仕事で土日も会社に行き、子供とも関わらず家族を旅行に連れて行ったことがない父親
→家族を守るために身を粉に働いている父親。

・つらくて苦しくて先行きが見えないような状況
→今はジャンプするためにかがんでいる時

・朝も起きられず、仕事にも行けず、稼ぐこともできず、何のために自分がいるか分からないぐらいの状況。
→電池が切れるぐらい頑張ったのだから今は充電期間。

カウンセリングでは、まさにこのリフレーミングをやることが多いです。
というよりもクライエントノ方がリフレーミングでものを捉える事が出来た時、状況が変わります。

リフレーミングとはそれだけ大きなことなのです。

あなたが悩んでいること、自分の欠点だと捉えていること、それらを書き出してリフレーミングしてみてはいかがでしょうか?
リフレーミングできないものはほとんどありません。
リフレーミングの達人はいかなること、いかなる状況にもリフレーミングをします。

日本の精神科医であまりにも有名な方で神田橋條冶先生という方がいます。
神田橋先生は言いました。

「~という問題」を「~という長所」で捉え直す。

これができたらいろいろな気付きがあるかもしれませんね。

 

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村