ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎育自のための小さな魔法日本橋開催!(←育児ではなく育自)
――内閣府男女共同参画局 平成27年度女性のチャレンジ賞特別部門賞――

~人は「話すこと」と「聞くこと」でその人になってゆく~
自分を見つめ、お互いを聴き合い、ココロが元気になるワークショップ
http://kokucheese.com/event/index/340287/

◎第3回ELM勇気づけ勉強会10月,11月開催!
アドラー心理学をベースにした大好評ELM勇気づけ勉強会を開催します。
終了時には心がほかほかになります。
勇気と希望をあなたの元に。

http://ameblo.jp/732853/entry-12083300309.html

◎あがり症克服ミニセミナー開催!
月1回定期講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12078003465.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

今日は、精神科病院実習の二日目です。
午前中はデイケアに参加、午後は訪問看護に同行しました。

デイケアとは、精神疾患をお持ちの方が、何らかの日中活動をするための居場所のようなものです。
毎日プログラムが実施されていて、今回実習した場所でも同様です。
今日は合唱グループと思い思いの活動をするグループの二つに分かれました。

私は最初は合唱するグループに入り、槇原敬之の「冬が始まるよ」とか「宇宙船艦ヤマト」などをみんなで歌いました。
皆さん元気な声で歌っています。

途中からは、思い思いの活動をするグル―プの方に入りました。
単行本を読んでいる人、雑誌を読んでいる人、4人でマージャンをしている人、CD付けてドリカムの歌を歌っている人、職員とお喋りをしている人、部屋の隅に体育座りでじっと座っている人、外でたばこを吸っている人、等々、本当に様々に過ごしています。

他の曜日のプログラム予定を見ると、体操やリラックス法をする日、卓球をする日、就労準備プログラムの日、など様々なものがあります。

以前からデイケアの内容は概ね知っていましたが、知っているのと体験するのは大違いです。
私はこれはいいなと思いました。

精神疾患を患った方々でも、日々を生活していく上でまず考えることは就労です。
しかし、なかなかそれができない方もいます。
そういった人は、訓練を考えます。

福祉施設の中に、就労移行という枠組みの訓練施設があります。
そこに例えば週3~5などで通い、職業訓練をしながら就活を進めていくのです。

しかし、そこも難しい人もいます。
就活にはまだ早い、まずは通えるようにならないと、と。

そこで、じゃあどうすればと考えるのが、就労継続B型という施設です。
いわゆる作業所です。

そこで実際の仕事、例えば内職的な軽作業、印刷物の三つ折りや封入、公園清掃、紙袋作り、等々の仕事に、スタッフの指示のもと従事します。
本当に雀の涙ほどの工賃と呼ばれるお金をもらって、そこで作業をしながら通う訓練をするのです。
しかしそこも難しい方がいます。
病状や人間関係により、休みがちになる。
なかなか行けない。
なかなか外に出ることさえ億劫になる。
ひきこもりの方もそういった状態でしょう。

そういった方々のファーストステップとしてデイケアが有効であろうと思いました。
まずは、日中の居場所づくりに、デイケアに少しの時間でもいい、行くことで家の外での活動場所を確保するわけです。
そこには自然、他者との関わりがあります。
ひきこもりの方にとっては、ストレスフルな状況である一方、リハビリにもなります。

それが難しかったら、漫画を持っていって読んで、職員と少しおしゃべりして帰ってくるだけでもいいのです。
それがデイケアでは可能なのです。

そこでは自分なりの過ごし方ができるのです。

あがり症の方々の中にはひきこもりの方も多くいらっしゃいます。
そういった方々はデイケアの利用をまずは検討してみるのもありではないでしょうか?

見学もありです。
見た感じ嫌なら止めればいい、見学するための連絡をするのがプレッシャーになるのなら役所や支援機関の人に見てみたいとお願いし、連絡してもらえればいいでしょう。

人は他者との関わりの中で生きていきます。
それは避けられません。

対人恐怖症で人との関わりを恐れている人ですら、その反面では人との関わりを求めています。
まずは、外に出てみるのが大切なのです。

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非
遠慮なくコメントしてください。

皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/



(クリックお願いします)

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村