ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎育自のための小さな魔法日本橋開催!(←育児ではなく育自)
――内閣府男女共同参画局 平成27年度女性のチャレンジ賞特別部門賞――

~人は「話すこと」と「聞くこと」でその人になってゆく~
自分を見つめ、お互いを聴き合い、ココロが元気になるワークショップ
http://kokucheese.com/event/index/340287/

◎第3回ELM勇気づけ勉強会10月,11月開催!
アドラー心理学をベースにした大好評ELM勇気づけ勉強会を開催します。
終了時には心がほかほかになります。
勇気と希望をあなたの元に。

http://ameblo.jp/732853/entry-12083300309.html

◎あがり症克服ミニセミナー開催!
月1回定期講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12078003465.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

私の元には様々な悩みを抱えた方が来られます。
そしてその悩みを語られます。

これが不安。
こんなことがあった。
これがつらい。

毎日が暗雲が立ち込めるかのようです。
確かにそれはつらいでしょう。
こちらも聴き入ります。

堰を切ったかのように語られます。
そして、一息ついた頃、私はもう完全に習慣になっていますが必ず聞くことがあります。

「それが少しでもマシな時、ちょっとでも良かった時はありますか?」と。

人は、つらい思いをしている時は、あたかもそれが全てのようになってしまいます。
毎日が、そのことだけで覆われているような。

しかし、そんなことはまずないでしょう。
必ず、少しはマシな瞬間、少しは良かった瞬間があるのです。

ただ、そのことに気付かないだけなのです。
注目するところは良くないことばかりで、当たり前のことと思っていることや、良かったことになど気にも留めていないのです。

ですから、私がこの質問をすると皆さん、一瞬考え込みます。
すぐ返答された方はこれまでいませんでした。

そうして絞り出すかのように答えが返ってきます。
しいて言えば・・・など、ちょっとおぼつかないような返答です。

しかし、ここで出てきた情報には、しばしば有益な情報があります。
当然です。
成功事例だからです。

つらかったこと、失敗したこと、落ち込んだことの中には成功事例はありません。
良かった瞬間の理由を考えることで、それを再現させていけば良いのです。
それは成功の再現化です。

「うまくいったことはもう一度やってみよ」
あまりにシンプルで、それがそんなにすごいことなの?と思われるかもしれません。

しかし、この「少しでもマシな瞬間は?」と「うまくいったことはもう一度やってみよ」は、私が対人援助をしている中で、鉄板ネタの一つです。

あがり症の方にお聞きします。

「症状が少しでもマシな時はどんな時でしたか?」

 

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村