ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎育自のための小さな魔法日本橋開催!(←育児ではなく育自)
――内閣府男女共同参画局 平成27年度女性のチャレンジ賞特別部門賞――

~人は「話すこと」と「聞くこと」でその人になってゆく~
自分を見つめ、お互いを聴き合い、ココロが元気になるワークショップ
http://kokucheese.com/event/index/340287/

◎第3回ELM勇気づけ勉強会10月,11月開催!
アドラー心理学をベースにした大好評ELM勇気づけ勉強会を開催します。
終了時には心がほかほかになります。
勇気と希望をあなたの元に。

http://ameblo.jp/732853/entry-12083300309.html

◎あがり症克服ミニセミナー開催!
月1回定期講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12078003465.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

先日、あがり症の方の相談を受けた際に、普通の人もあがることは一緒だけど、あがった時のあり方が違うんですと説明しました。
その方は、はぁといった感じで聞いていました。

私は続けます。
普通の人はたとえあがっても、あがった自分を否定しないんです。
あぁ、緊張しているなぁ、ドキドキするなぁと。
その時感じた緊張を10とすると、10のままに緊張するのですと。

そうして感情というものは、その感情をそのままに感じることでやがて収まっていくのです。
だからたとえあがっても、そこに執着することなく目の前のことに集中することでやがて感情の波は静まっていくのですと。

ところが、あがり症の方はあがった時に、あがる自分をあってはならない、ばれてはならないと否定することで、却って10の感情を20にも100にもしてしまう。
そうして巨大化した感情をさらに否定する。
そうするとさらに感情は高まる。
そうしてはまっていくのです、と。

その方は言いました。
普通の人は本当にそんなふうに感じているんですか?
私とは違うんですか?と。

私は言いました。
そうです。

微かな間があって返事が返ってきました。
うらやましいです。

あがり症の方は言います。
緊張することがつらい、震えることがつらい、頭が真っ白になることがつらいと。

確かにそれもあるでしょう。
しかし、果たしてそれだけでしょうか?

あがった自分がどう思われるか、否定されるんじゃないか、軽蔑されるんじゃないか、そういった思いの方が強くないでしょうか?
つまり、あがる症状よりも、あがった自分がどう思われるかの方がつらいのでは?ということです。

それは次の問いに答えがあります。

仮にあがった時に周りに誰もいなかったら、果たしてつらいですか?

あがる症状よりも、ものの見方、捉え方の方がいかに自分を苦しめるかということです。
つまり、あがることは同じでも、ものの見方、ものの捉え方が変わることで結果的にあがり症は軽減されていくのです。

まずはそのことに気付くべきでしょう。

 

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村