ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎第2回ELM勇気づけ勉強会9月開催!(残席1名!)
アドラー心理学をベースにした大好評ELM勇気づけ勉強会を2週連続で開催します。
終了時には心がほかほかになります。
勇気と希望をあなたの元に。

http://ameblo.jp/732853/entry-12060786914.html


◎あがり症克服ミニセミナー開催!
月1回定期講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12069595588.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

昨日のブログで心理療法のことを書きました。

じゃあ次は?

う~ん、これが難しい質問になります。
じゃあ、誰に頼めばいいのか?ということになるのです。

これは最も知りたい問いでしょう。

このブログのテーマがあがり症な訳ですから、シンプルに言うとあがり症を治してくれるのは誰か?ということです。

う~ん、何だか苦しくなってきた。
大丈夫か、俺?

ていうことで、今日は自分を棚に上げた話をします(これをご都合主義と言います)。

それで、まずは精神科医と心療内科医。
これはすいません、正に自分を棚に上げての大変失礼な言い方になりますがいろんな方がいます。

つまり、え~、と思うような方も実際いるのです。
誤解を恐れず言えばピンキリです。(私はキリ?)

昨日のブログでもちらっと書きましたが、精神科医などの全てが心理療法を学んでいる訳ではありません。

医師になる過程で、それを学ぶ機会がないのです。
医師になって自分は外科とか内科とか、あるいは精神科とか、どれを標榜するかは自由に選択できるのです。

つまり、精神科医等が心理療法を学ぶのは、必要性を感じての自学自習なのだろうと思います。

ですので薬物療法一本でやられている医師もいます。

あがり症は薬で治ると仰られる医師もいます。
その中には実績のある高名な方もいます。

結果を出してるのでしょうから反論しづらいですが、しかし、う~ん、かつて当事者だった私にとって、それでいいのか?とか、それホント?という思いは強くあります。

一つには薬を飲み続けなければならないということ。
そこには副作用等デメリットがあります。

その辺は問題なく調整できるという方もいるでしょう。
特に先程結果を出していると言った高名な精神科医の方の処方の仕方を読むと説得力があります。

しかし、そういった匠の技の薬物療法を行える先生がどれだけいるのか?

私は、精神疾患を抱える方に多量多剤の薬物療法を漫然と続けている医師や、安易な処方による悪影響を与えているのでは?という医師を数多く見聞きしてきました。
大丈夫と言われてもそのままの言葉ではとても呑めません。

また、薬物療法を止めた場合、あがり症の再発率が高いという問題もあります。

ですので薬物療法一本の精神科医の方だと、基本的にあがり症は手に負えないだろう(軽い限局性の社交不安障害を除く)というのが私の考えです。

ただ、何も心理療法が必ず良いと言っている訳ではありません。

それこそ、精神分析を学んだ精神科医が、あがり症の方に有効な心理療法を行うことは正直難しいのではないかと思います。

また、認知行動療法を学んでいるとしても、これは結構取っつきやすい心理療法ですので、サラッと覚えた表層的な知識でやったとしてもあがり症にどこまで有効な診療を行えるかは疑問です。

また、心理療法とは言うものの精神科医には制約があります。
3分診療などと言われるほど数をこなさなければならないような状況にある方もいます。

お昼食べてないのでは?みたいな方もいるでしょう。

そういった方に果たして心理療法などやる暇があるのか?
そういった事情もあります。

私がお薦めするとしたら、まず大前提として服薬に極力頼らないようにしている医師です。

仮に薬を出すにしても、一時凌ぎの頓服として出したり、いずれはやめることを最初から考えて処方する医師です。

こういった大前提があった上で一つには認知行動療法を専門的に学ばれている医師。
これは認知行動療法はエビデンス(科学的根拠)があるからです。
結果が出ているからです。

あとは森田療法の知見を持った医師。
森田療法には、時に一言で患者に深い影響を及ぼすことがあるからです。

じゃあ、そういった精神科医がどこにいるのか?という話になるでしょう。

認知行動療法を専門的に学ばれていてこの先生ならという方は、正直私の狭い世界では一人二人しか知りません。

逆に森田療法を学ばれている医師なら情報はあります。

なので、私の拙い技術ではあがり症治療が仮にうまくいかなかった場合、私が精神科医をお薦めするとしたら森田療法を学ばれている医師になるかと思います。

ただ、これはあくまで医師でも何でもない、1カウンセラーに過ぎない私の意見であることをご承知おき下さい。

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。>
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/



(クリックお願いします)

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村