ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎第2回ELM勇気づけ勉強会9月開催!(NEW!)
アドラー心理学をベースにした大好評ELM勇気づけ勉強会を2週連続で開催します。
終了時には心がほかほかになります。
勇気と希望をあなたの元に。

http://ameblo.jp/732853/entry-12060786914.html


◎あがり症克服ミニセミナー開催!
月1回定期講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

もっとも話したくないことの側にこそ話したいことがある。

もっとも恐れていることの側にこそ大切なものがある。

ーーーーーーーーーーーーーーー

私があがり症の渦中にある時、それはいかなる人にも知られてはならない極秘事項でした。

私は、自分に完璧を求めていました。
自己理想像が高すぎるがゆえに、それはあってはならないことでどうしても受け入れられませんでした。

そして同時に、他者にそれを知られることは私にとっては人生の終わりのようなものでした。

なので、その国家秘密レベルの極秘事項を全能力をかけて守ろうとしました。
悲しいかな、それがその頃の人生の全てでした。

緊張という言葉を徹底的に避けました。目を逸らしました。

緊張という言葉を本や新聞などで目にすると戦慄が走りました。

私は、長年の間、緊張やあがるという言葉を、よほどのことがない限り発することが出来ませんでした。

私が徐々にあがり症のことを話せるようになったのは話し方教室に通うようになってからでした。

その頃は、あがり症が徐々に改善してきている頃でした。

月に一回、そこの話し方教室では合同授業というものが行われ、20~30人ぐらいの前でスピーチコンテストがありました。

私は、計5、6回コンテストに参加しましたがその時だけは本気でした。
私は敢えて、最も自分が話したくないことを話しました。

話したくないこと、それは何か?

私のあがり症のトラウマ体験です。
回避しまくった体験です。
惨めな体験です。

これを話すには勇気がありました。
私が全能力を掛けて隠してきた秘密だったからです。

なぜそれを?

私は同じような悩みを持つ方を前にした時、言わずにはいられなかったのです。

私は、どうしても伝えたかったのです。
私の体験を。
人はより良く生きられるということを。
諦めてはいけないと。

振り返ってみれば、最も話したくないことの側にこそ話したいことがあったのです。

 

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村