ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎第2回ELM勇気づけ勉強会9月開催!(NEW!)
アドラー心理学をベースにした大好評ELM勇気づけ勉強会を2週連続で開催します。
終了時には心がほかほかになります。
勇気と希望をあなたの元に。

http://ameblo.jp/732853/entry-12060786914.html


◎あがり症克服ミニセミナー開催!
月1回定期講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

私は毎日、面談やカウンセリングをしています。

対人恐怖症だった以前の自分と比べてみると、本当に雲泥の違いがあります。
以前の私だったら、逃げたくなるような場面を毎日やっているのです。

濃いケースや家族面談もやります。
我ながら結構うまい具合に場を回すことも多々あります。

ただ、だからと言って完全に対人恐怖症の傾向が治ったわけではありません。

時折、その感覚が襲ってきます。
私の場合は2パターンあります。

一つは、鼻が詰まっている時。
私は、鼻づまりの持病があり、最近は漢方薬でマシになりましたが、それでも詰まっているときがあります。

なんかやたらと面談時に緊張して、例の対人恐怖の症状が出ることがあるのですが、面談後に振り返ってみると鼻が詰まっていたということがしばしばあります。

これは、自分の体調がもろに対人恐怖の症状に影響を与えているとしか思えません。
実際、ある方は生理かどうかであがり症の症状は全然違うとも言っていました。
体調というものも観察してみる必要があるかもしれません。

そして対人恐怖の症状が襲ってくる時のもう一つは、権威ある人と話すとき。
これは、あがり症の方にはよくあるのですが、私にもその傾向があります。

もちろんないときもありますが、他の人よりは、より緊張するような気がします。
権威ある人など、自分の苦手とするようなタイプの人と電話などで話すときは、「も、も、も、もしもし・・・あ、あの、あの・・」

・・・ちょっと盛ってしまいましたが
ゴニョゴニョしちゃうときは今でもあります。

しかし、私が以前と違うのは、それをほとんど引きずらないことです。

私が以前と変わったのは失敗へのあり方です。
はっきり言って、「まいっか」なんですね。

失敗して恥ずかしいのは当然です。
情けなくもなるでしょう。

ただ、そこからどうするか、どうあるかは自分で決めることができるのです。

沸き上がる感情は意志の自由になりませんが、考え方や行動は意志の自由になるのです。
全く同じ出来事でも受け止め方で事実は変わってしまうのです。

私のあがり症の克服は、失敗の引きずり方を是正したことが一つの要素だったのかもしれません。

渦中にある方には、あまりに遠い、想像もつかない世界かもしれません。
私もそうでした。

しかし、未来は自分が作ることができるのです。
行動なくして結果なしです。

未来への不安と過去の後悔に覆われた人生を送ることはあまりにつらいことです。

ほんの些細なことでいい、今自分でできる何かをやること、そして少しでも症状が軽くなることをあきらめないこと。

たとえ、先が真っ暗に思えても、それでもあきらめないで下さい。
あきらめた時、望む未来は遠のいていきます。

人はいかなる状況にあっても、自分のあり方は自分で決められるのです。
未来は今の自分の行動が決めるのです。

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/



(クリックお願いします)

 

(クリックお願いします)
にほんブログ村