ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎第2回ELM勇気づけ勉強会9月開催!(NEW!)
アドラー心理学をベースにした大好評ELM勇気づけ勉強会を2週連続で開催します。
終了時には心がほかほかになります。
勇気と希望をあなたの元に。

http://ameblo.jp/732853/entry-12060786914.html


◎あがり症克服ミニセミナー開催!
月1回定期講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

子育てで悩まれる方は非常に多いと思います。

一般的に、子供が良くできた時は誉めるでしょう。
すると、子供も嬉しくてまた誉められるように頑張るかもしれません。

一方、人によっては子供の不適切な行動を叱る方もいるかもしれません。

しかし、叱られることで子供は不適切な行動をやめるのでしょうか?

子供の不適切な行動の目的が親の関心を引くことの時、子供を叱ることはその目的を叶えることになります。

子供にとっては、たとえそれが叱られることであれ、親の関心を引くことができたのです。
なので子供は、同じ行動を繰り返すでしょう。

つまり、大切なことはどこに注目するかということです。
注目された所が強化されるのです。

注目という意味では、あがり症の場合もまた違った意味で当てはまります。

あがり症の方だけでなく緊張や不安は誰しもが経験することです。
では、あがり症の方とそうでない方の違いは何か?

それは、1次反応として緊張や不安を感じる所までは一緒でもそこからが違うのです。

普通の方は起こる出来事そのものに注目し時間とともに注目の対象も移っていきます。
あがり症の方は緊張や不安、そして他者の思惑そのものに注目し続けます。

注目は対象を強化します。
緊張や不安、他者の思惑は注目により強化されるのです。

ここまで話せばお分かりでしょう。
あがり症の方がなすべきことは注目を分散させることです。

緊張や不安は打ち消すことは不可能です。
受け入れざるを得ません。

しかし、自分の五感の全てをそこに集中するのではなく、集中の割合を減らし他に向けることであがり症の症状は和らいでいくのです。

注目は注目された部分を強化するのです。
注目を分散させる必要があるのです。

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村