ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎第2回ELM勇気づけ勉強会9月開催!(NEW!)
アドラー心理学をベースにした大好評ELM勇気づけ勉強会を2週連続で開催します。
終了時には心がほかほかになります。
勇気と希望をあなたの元に。

http://ameblo.jp/732853/entry-12060786914.html


◎あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

あがり症の症状がひどい時、どうしても自分を見失いがちになります。

人の話が耳に入ってこない。
読んでいる文章が頭に入ってこない。
周りで起こっていることに付いていけない。

考えること、思うこと、感じること、それら全てが症状への注目に動員され、自分のキャパを越えてしまうのです。

症状とは不安であり、緊張であり、恐怖のことを言います。

これらは、

あってはならない。
人に知られてはならない。
抑えなければならない。

こういった症状への注目、すなわち症状をコントロールしようとすること全てが、皮肉にもあがり症の症状を悪化させていきます。

つまり、症状に注目することで不安や恐怖をより大きなものと捉えてしまい、そうして大きくなった不安と恐怖に更に怯える。

そうした悪循環が繰り返されていくことで、あがり症の症状が固着化していきます。

つまり、あがり症の症状をなんとかしようとしてやったこと全てが、あがり症悪化の原因となってしまうのです。

ならば、逆をせよです。
押してダメなら引いてみよです。

逆とは何か。

あってはならないことはあっていい
と考えること。

人に知られてはならないなら知らせること。

抑え込まなければならないなら開放する。

これらを更に要約すると、

①あがってもいいと考えること。
②あがっている、緊張していると知らせること。
③あがることはあがるままにすること。

これがあがり症克服に必要なあり方です。

②番は敢えて人に知らせなくてもいいかもしれません。ただ、必要に応じて普通に言えるマインドを持っておくといいです。
言えないとしたら、まずは他者には言わなくても自分に言えるといいです。
あぁ、私あがってる、私緊張しちゃってるよと。

緊張している自分を認め、表現する。
これがパンパンになった心の風船から、空気を少し逃がすことにつながるのです。

あがっても良くて、あがっていると伝えて、あがるままに振る舞う。
これが自然にできた時、心が解放されていくのです。

あがり症の方が目指す境地でしょう。

 

(質問や相談について)

 

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村