ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

私が支援している人にジストニアという症状を抱えている女性がいます。
ジストニアとは、神経系の何らかの異常により、首が横に向いたり、身体がねじれたりしてしまうものです。

その方のジストニアは緊張すると症状が悪化してますますねじれが増してしまいます。

また、日常生活の中で通常の姿勢になろうと意識して無理矢理体を抑えつけようとすると、大変疲れます。

そりゃそうですよね。
私達だって、変な姿勢を無理矢理維持していたら疲れてしまいますよね。

そうやって日々を送っていると気持ちもつらくなるでしょう。
ダメな自分を感じてしまうこともあるかもしれません。

彼女の場合も、メンタル的に疾患を抱えてしまったことがあったようでした。

ところで、この方は非常に饒舌です。
話も上手いです。

そしておそらく喋るのが好きなのでしょう、話を夢中になってしている時は症状が良くなるのです。
体が真っ直ぐを向きます。

そうして、この病気により長年あきらめてきた芸術関係のことを語る時は立て板に水状態です。
イキイキと目をキラキラ輝かせ、もう止まらなくなります。

そして、この時、一切症状は出ません。

症状をコントロールしようと努力すればするほど症状が悪化していたのが、逆に本人の意識が症状から離れることで症状が改善するのです。

血行が良くなっているに違いありません。
体の細胞が湧きたっているに違いありません。

私の仕事は、彼女のイキイキ、キラキラを引き出すこと、維持させること、そのために関心を持って聞くことです。

これは何もジストニアに限りません。
あがり症ももちろんそうです。

その人が何に関心を持って、何が好きで、何に夢中になっているか、そこに症状が改善するヒントが隠されていることがあるのです。

そしてそこに、その人が輝くことができるヒントがあるのです。

※個人情報の取り扱い上、文脈に支障が出ない程度に内容を改変しております。

 

(質問や相談について)

 

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村