ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

私は、今年に入ってから、生まれて初めてセミナーの講師役を務めました。
以後、はや10回以上、講師役や講演を様々な所でやっています。

来年の独立起業に向けて、今後も当然のようにやっていくこととなります。

今日もとあるところで講師役を務めてきましたが、今の私の状態はもう平気!っていうわけでは全然ありません。
私の性格傾向としてのあがり症的な所が治ったわけではなく、あがることへの受け止め方が変わっただけなので普通に緊張します。

私は一番最初の自己紹介等が一番苦手で、テンパリます。
講師役がそんなんでいいのかと言われても、テンパルものはテンパルんだからどうしょうもありません。

今日もそうでした。
ガチガチな表情だったのは参加者にも伝わったかもしれません。

しかし、私の場合、先ほどあがることの受け止め方が変わったと言いましたが、それにより、時間が経つにつれあがることを忘れるようになります。

セミナーが始まって30分、1時間と時間が経つにつれ、いかに内容を伝えられるか、参加者は意欲的に参加しているかといった中身に集中しているので、あがることを忘れてしまうのです。

やがて講師役としての経験を増やすにつれ、いずれあがることは益々減ってやがてはほとんどなくなっていくと思います。

私にとってのあがり症の克服はこういった段階になりました。

しかし、私の場合重度のあがり症だったこともあってなのか、一足飛びに急に良くなったということは何一つありませんでした。

あがり症の克服段階を0~10として10を完全克服とすると、全ての過程が0.1進んで0.1後退しての繰り返しでした。
3歩進んで2歩戻る、まさにそんな感じで、あまりの道のりの遠さにさながら蜃気楼を目指しているかのような気の遠くなる思いをしてきました。

悪化していく過程が13年、治っていく過程が13年でした。

これはもちろん個人差があります。
数か月で良くなる人もいれば、あっさり治ってしまう人もいる。

私の場合、重度でかつ孤独な戦いだったのでこれだけ時間がかかったのかと思います。

いずれにせよ、この13年はただ恐怖突入を繰り返してきただけです。
半端ではない恐怖に押しつぶされそうなというか、押しつぶされながら恐怖場面に突入しました。

1年ぐらい前も、自分が講師役をやっている姿なんてとても想像できませんでした。

しかし、これもまた恐怖場面に突入することとなりました。

私は自分のことながら、なぜこれほどの恐怖を感じながら突入できるのか、ある種不思議でなりません。

思うに、私は自分がどうなりたいのか、どうありたいのか、どう生きたいのか、そういった人生の価値観を強く持っていたからなのかもしれない。
そんな気がしてならないのです。

人それぞれ、人生の価値観は異なります。

まずは、それを本気で考えてみる。
1日2日で出るような答えではないかと思いますが、そういったことがいかに重要か、私はそれを強く感じるのです。

 

(質問や相談について)

 

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村