ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

心理学の考え方は、いろいろ分類することができますが、一つの仕方として原因論と目的論という分け方があります。

原因論は、現在起こっている問題をなぜそれが起こっているか?と、トラウマになった出来事や遺伝、内面の衝動性等を探っていくものです。

原因論ではフロイトが有名でしょう。

これに対しアドラー心理学の考え方に目的論というものがあります。
これは人間の行動には目的があるとする考え方です。
未来の目的に向かって、今の行動を選んでいるのだと。

原因論の考え方に立つと、「~のせいで」とか「~だから」と考えたり、時に自らを環境などの被害者と見立てます。
その考え方はなるほどそうなのか、という気付きはあっても、じゃあそれでどうするの?という問いへの答えは得られません。

しかし、目的論の立場に立つと、過去にいかなることがあっても、そこからどう行動するかはその人が選べると考えます。
この考え方は環境や出来事の被害者という発想から、たとえそうであっても~する、といったように自分自身を人生の主体者と見なします。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の方は、トラウマ体験を必ず持っています。
トラウマ体験のないあがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の方は、単なる恥ずかしがり屋に過ぎません。

いずれにせよ、あがり症の方がトラウマ体験を経て症状が悪化していく過程で、更にトラウマ体験を重ねていきます。
そうしてパブロフの犬のように症状が固着、固定化していくのですが、その時には自分の人生に様々な制約が課されます。

制約・・・それは、人との関わりであったり、社会参加、職場での自分の能力の発揮、等々。
それは自分の望む人生を阻む要因となります。

そうして考えます。
これさえなければ、と。
そして自分の望む人生を実現することをあきらめかけます。

しかし、アドラー心理学の目的論に立つと、たとえそうであってもそこから目的に向かって何ができるかと考えます。
なぜならば、人は自分の人生の主体者と考えるからです。

私は、あがり症に悩む全ての人に聞きたいのです。

もし、この病が治ったら、今と何が違ってますか?
その時、あなたは何をしたいですか?

この問いに対する答えは重要です。
ここに、あなたの人生の目標が潜んでいます。

そして、その答えを出した自分に問うてほしいのです。

「何のために?」と。

そして得られた答えに更に「何のために?」と聞いてみて下さい。
何度も「何のために?」と。

そうしてろ過された言葉こそが、あなたの人生の真の目的なのです。
あなたの人生の価値観です。

そうして紡ぎだされた人生の目的を意識して恐怖場面に望む時、これさえなければという人生の被害者から、たとえそうであってもという人生の主体者へと変化するのです。

人生の被害者として今の居心地を取るのか、人生の主体者として今の苦痛を選び未来の成功へと挑戦するのか、全ては自分自身で決めることができるのです。

 

(質問や相談について)

 

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村