ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html

ELM勇気づけ勉強会
前回、また是非!とのお声をたくさん頂き大好評で終えたELM勇気づけ勉強会が8月に再び開催されます。自他共に勇気づけ、明日を生きる活力が得られます。
http://ameblo.jp/732853/entry-12038940968.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

 

現在、日本においては障害者雇用が非常に活発化しています。

平成25年から障害者の法定雇用率がそれまでの1.8%から2.0%へと上がりました。
これにより障害者の就職率は例年より上がりました。

さらに平成27年4月より、従業員100人以上の規模の企業は、全従業員の2%以上障害者を雇用していなければ納付金と呼ばれるお金の納付対象となりました。
単純に言うと100人の会社は2人以上です。

それまでは200人以上の規模の会社が対象でしたが、100人以上となったことにより対象となる企業が相当数増えました。

そして平成30年、障害者雇用率が2%からさらに上がることとなっています。
これは精神障害者を雇用率の算定対象とするためです。

まだ正確な数字は決まっていませんが、風の噂では2.3%ではないかなどとも言われています。
いずれにせよ、平成30年の前後は大きな変化となることは間違いないでしょう。

精神障害者は心身の体調の変化のリスクが大きく、採用側にとっては身体障害者や知的障害者に比べて雇用管理が難しいと考えられていました。

しかし、今や、HWでの精神障害者の求職者数はうなぎのぼりであり、就職者数も同様です。

これからの企業は、市場に残された最後の未開拓分野とも言える精神障害者をいかに円滑に雇用していくかが求められているでしょう。

今、障害者雇用の世界においては精神障害者の時代がやってきた、そんな印象を強く感じます。
追い風の時代とも言えるかもしれません。

しかし、時代の流れに安心しているわけにはいきません。
やはり採用されるには、労働市場における自分自身の価値を高めていないことには、そう簡単にいかないのはたとえ追い風にしても明らかでしょう。

企業側にとっては、障害者の方を雇い入れる際に、週30時間働く人を雇用して初めて、障害者を一人雇ったと見なされます。
週20時間以上だと0.5人雇ったと見なされます。
これは仮に週5勤務だと、一日4時間以上働かなければなりません。

つまり、それができない人は、企業にとっては採用するメリットがないのです。

ですから、障害者手帳をお持ちの方で障害者雇用を目指される方は、週5で一日4時間以上働ける基礎体力を作っておくことが必要不可欠なことを肝に銘じておかなければならないでしょう。

今日はちょっと固い話でした。

 

(質問や相談について)

 

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村