ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html

ELM勇気づけ勉強会
前回、また是非!とのお声をたくさん頂き大好評で終えたELM勇気づけ勉強会が8月に再び開催されます。自他共に勇気づけ、明日を生きる活力が得られます。
http://ameblo.jp/732853/entry-12038940968.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

 

以前にもご紹介しました精神科医で神田橋條治先生という方がいます。

精神医療関係者の中でその名を知らぬ人はいないのではないかというぐらい、博学かつ実際の診療の実績がある方です。

その神田橋先生がその著書の中で仰っています。
「問題」とするものを「能力」という言葉に置き換えてみなさい、と。
それをすると、何か発見が得られたりアイデアが浮かびやすくなります。

例えば不登校という問題なら、不登校する能力。
不登校することにより自分を守っているのかもしれません。

他には暴力という問題なら、暴力する能力。
これはなかなか難しいですが、しいて言うなら、暴力することにより内側に溜めて自傷自殺することを阻止していると考えることもできるかもしれません。

他には、やたらとネガティブ思考で自他ともに暗くなってしまう方っていますよね。
この場合はネガティブ思考する能力。

ネガティブ思考することにより安易な決断は避けられる。
あるいは、これまで期待しても叶わず失望することが多かったので、ネガティブに捉えることによりその落差の痛みを避けようとしているのかもしれない。

なかなか発想の転換が求められますが、さぁ、本題です。

あがり症という問題を、あがる能力あるいはあがり症である能力と捉えた場合どうなるか?

これは皆さんに考えて頂きたいので、
今日の時点で私の例は書きません。

それにより何が得られているか、どんなメリットがあるか等、考えて頂きたいのです。

もし良ければこんなネタ出ましたって教えてもらえると嬉しいです。
私が考えたメリットは明日のブログに書きます。

 

(質問や相談について)

 

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村