ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html

ELM勇気づけ勉強会
前回、また是非!とのお声をたくさん頂き大好評で終えたELM勇気づけ勉強会が8月に再び開催されます。自他共に勇気づけ、明日を生きる活力が得られます。
http://ameblo.jp/732853/entry-12038940968.html 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

社交不安障害は10代で発症することが多いのですが、すぐ医療機関に繋がるわけではなく、発症から受診するまでに長くかかってしまうことが多いです。

それにより症状が悪化し慢性化してしまう傾向があります。

その背景には社交不安障害の症状を性格の問題と捉えて、なんとか自分なりに努力して取り組むということがあるかもしれません。

あるパターンでは、例えばうつ病を発症し精神科に行くのですが、実は本当は社交不安障害による生きづらさがうつ病発症の原因となっていることがあります。

そういった場合、例えば入院・服薬によりうつ病が治って、さぁ退院となって社会復帰を目指すわけですが、原因となった社交不安障害が治っていない限りは再発の可能性が高くなります。

そして、再発することで自信をなくし、うつ病を更に悪化させてしまう可能性もあります。

ですから、うつ病は二次障害で発症するケースが多いことを頭に入れておく必要があります。

社交不安障害に限らず、他の障害でもあります。

発達障害、ADHD、統合失調症、摂食障害、強迫性障害、等々。

うつ病になってしまった背景をきちんと見ておかないと、再発の可能性が高くなることを認識しておく必要があるのです。

うつですね、はい服薬と休息が必要です、と言って終わりなのではなく、うつになった背景を詳しく精査しておくことは、再発を防ぐ上で重要な要素となるのです。

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。
カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/

http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_2/br_c_1518_2.gif
(クリックお願いします)

http://mental.blogmura.com/sad/img/sad150_49.gif
(クリックお願いします)
にほんブログ村