ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html

ELM勇気づけ勉強会
前回、また是非!とのお声をたくさん頂き大好評で終えたELM勇気づけ勉強会が8月に再び開催されます。自他共に勇気づけ、明日を生きる活力が得られます。
http://ameblo.jp/732853/entry-12038940968.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

 

全般不安症(全般性不安障害)という疾患名があります。
これは文字通り、様々な場面で過剰な心配をしてしまい日常生活に支障をきたすものです。

私が現在、就労のご相談を受けている方でおそらく全般性不安症ではという方がいらっしゃいますが、なかなか大変です。

能力的には充分就労可能な方ですが、とにかく心配しすぎ。

「この仕事内容、私にできるんでしょうか?」
「やっぱりパソコンの訓練した方がいいのかしら?」
「訓練よりすぐ就職したほうがいいのでは?」
「就職より訓練では?」
「私の年齢だと無理なのでは?」
「息子の方が心配で」
「締め切り間に合わないのでは?」

といったような様々なことを聞いてくるので、私は一つ一つ答えるのですが、同じ質問を何度も何度も繰り返すのです。

ハローワークに確認してもらえます?などと、こちらを結構振り回すことが多くなってきたため、やれることは自分でやるようきっちり線引きしました。

しかし、その不安の電話攻勢に私もややグロッキー気味に。

最近は少し落ち着いてきて小康状態に入り、さながらボクシングのラウンド間でコーナーにもたれている感覚です。

いつまたゴングが鳴るかと思うとこっちが不安症になってしまいそうです。

また、こんな人もいました。
「もし〇〇だったらどうしよう」と。
私は、確かに可能性はあるけどその時はこうしたら?などと答えます。

そこまではいいでしょう。
しかしそこから更に展開します。

「更にこう言われたらどうしよう?」
私は、いや~まずないと思うけどその時はこうでは?などと答えます。

しかし、相手は更に攻めてきます。
「それでももし万が一こうなったら~」

もうとんでもない確率の世界ですよね。

そうなる確率が仮にシンプルに20回に1回として20×20×20=8000分の1回。

んなもん、あり得ねぇだろと内心思うのですが、相手は真剣です。
こちらも心配はきちんと聞きます。

こういった方には、一般的な薬物療法や心理療法もいいでしょうが、私は一番効くのはは希望という薬かなと思っています。

何せ、先行きが見えなくて苦しんでいるのですから、そこに希望という光を幾ばくかでも当てることで不安が和らぐのではないかと思うのです。

 

(質問や相談について)

 

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村