ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html

ELM勇気づけ勉強会
前回、また是非!とのお声をたくさん頂き大好評で終えたELM勇気づけ勉強会が8月に再び開催されます。自他共に勇気づけ、明日を生きる活力が得られます。
http://ameblo.jp/732853/entry-12038940968.html

効果的な質問法ワークショップ
カウンセラーを目指す方や対人援助職等の方のための定期的勉強会。
http://www.with-prem.com/  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

今日は、とある研修に出たのですが、そこで妄想したことを書きます。
私の本業は障害者の就労支援で、いわゆる福祉職です。

それで、よく研修に参加しています。
というより何百人といる法人職員の中で私が一番参加しているかもしれません。

で、その研修なんですが、しばしば事例検討があります。
いろいろな事例をグループで、あーでもないこーでもないと話しあうわけです。
そしてその先には、各グループで話しあった内容を発表するという流れが自然に付随します。

私はこれが非常に苦手でした。
社交不安障害ですから当然と言えば当然でしょう。

大体が、グループになってまずやることが自己紹介、そして次に司会役と書記役、発表役を決めるという流れになります。

この司会役と特に発表役がイヤなんですね。
今では、随分マシになりましたが、それでも緊張することはします。

今日も声がいいからなどと意味不明な理由で発表役を担わされました。
まぁ、少し緊張したぐらいで無難に発表を終えたのですが、ここである事をバチーンと思い出しました。

私は今現在、起業に向けていろいろな方に相談に乗って頂いています。
ある人に言われたのが、「佐藤さん、あがり症向けのカウンセリングやセミナーではまだ駄目だ。もっと対象を絞り込まないと」ということです。

「大体、どんな人が多いの?」と聞かれ、「PTAの役が苦痛とかSEの仕事で昇進してしまった人とか、会社の朝礼や結婚式のスピーチが」~などと答えたら、「じゃあ、SE向けにやったらどうか」と言われ、はぁと答えたのです。
ちょっと、ピーンときませんでした。

そうして別の人に言われたのが、同じくもっと対象を絞り込むようにということですが、更に私のリソース(資源、財産)は何か?と問われました。

経験・スキル・専門性・人脈等々、リソースは様々でしょう。
そして出たのが福祉職というキーワードです。

じゃあ、福祉職であがり症の人にターゲットを絞ったらどうかとのこと。
しかし、具体的なイメージやアイデアが湧いてきません。

そして今日の研修でした。

福祉職には研修がつきものです。
事例発表もあるでしょう。
ということはそれが嫌で嫌で仕方ない人がいるはずです。
しかも、実務上ケース会議など会議がやたら多いです。
それが苦痛なあがり症の方もいるはずです。

そうしてピーンと来たのが、福祉職に就くあがり症の方向けのセミナー。
模擬事例検討会や模擬ケース会議などもありで。

更に研修後半でした。
とある施設の方の支援のあり方や考え方についてのご講義があったのですが、これが単調で眠くて眠くてしょうがない。というか半分以上寝てしまった・・・

こういうアプローチがいいのよ、みたいなとこでしょうが参加者のニーズに答えていない。
参加者はこんな研修など求めていないはずだ。
もっと実践的なスキルを・・・

そしてここでまたピーンときました。
福祉職の方は専門職ですから、人の話を聞く一定程度のスキルを持っています。
しかし、実状はと言うとカウンセラー等に比べたら平均的に見劣りするでしょう。

そこで妄想したのが、福祉職のための傾聴講座。
うん、いけるかも。

更に妄想しました。
福祉職の方には、利用者やご家族との面接時にうまく関係作りができなかったり、効果的な質問ができなくて明るい未来が描けない暗~い面接になってしまう人もいるでしょう。
もっとうまく面接できるようになりたいという人は多いはずです。

そこで考えたのが、福祉職のための面接時に効果的な質問技法講座。
うん、いけるかも。

そして派生的に考えたのが、障害を持つ子供のお母さんは傷つき一人で悩まれていることも多いでしょう。
苦労もしたはずです。

そこで考えたのが、障害を持つ子のお母さんのための自尊感情を育むワークショップ。
うん、いけるかも。

あぁ~、こんな妄想ばかりで研修のことはあまり入らなかった一日でした。

最近、あれもやりたいこれもやりたいなどと、こんなことばかり考えています。
どうなんでしょうかね?
今挙げたような研修やセミナーがあったら出てみたいんでしょうかね?

それともこんな研修やセミナーがあったら出てみたいっていうの何かありますでしょうかね?

しかし、私は、一体何をやりたいのか。
勇気づけがキーワードなのは決まっている
んですけどね。

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/



(クリックお願いします)

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村