ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html

ELM勇気づけ勉強会
前回、また是非!とのお声をたくさん頂き大好評で終えたELM勇気づけ勉強会が8月に再び開催されます。自他共に勇気づけ、明日を生きる活力が得られます。
http://ameblo.jp/732853/entry-12038940968.html

効果的な質問法ワークショップ
カウンセラーを目指す方や対人援助職等の方のための定期的勉強会。
http://www.with-prem.com/  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

今日はアドラーを一緒に学んだ仲間のコーチングを受けてきました。
コーチングとは、目標達成のためのコミュニケーションサポートといったようなもののようです。

分かりづらいですが、未来志向のカウンセリングといったところでしょうか。
いろいろな流派があるようですが、印象としては、主に精神疾患を持たない健常者向けのように思えます。

それで、先週、久しぶりにその方から連絡が入りました。
今、コーチングを学んでいるが、認定コーチとなるには100人の人とセッションしなければならない。
なので、コーチングをさせてもらえないかとのこと。
もちろん無料です。

こちらは快諾です。
ついでにコーチングのこと教えてもらおうと。

それで、セッションが始まりました。
テーマは何でも話していいとのこと。

どうも何を相談したらいいのか思いつきません。
起業のことが今一番頭の中を占めていることですが、別にこの場でコーチングしてほしいわけではありません。

まあ、あがり症のことも、今は特に相談相手が必要なわけではありません。
そんなんで、何を話そうかと、もにょもにょして話し始めたんですが、やがてうまい具合に誘導されたのか出てきました。
自分の軽いトラウマ体験的なものが。

ちょうど5年ほど前に専門学校に通っていた時、毎週のように飲んでいたのがですが、ある日苦手なカラオケに10人ぐらいで行きました。

当時の私は、今よりも輪を掛けて防衛的な所があり、かくあらねばという自分を演じていました。
また、周りに必死に合わせようとしていました。

そうして苦手なカラオケに行ってはみたものの、歌も恥ずかしくて歌いたくないし、勧められて何とか頑張って歌ってはみたものの全然楽しくありません。

しかし、周りは凄まじいばかりにハイテンションで飛んだり跳ねたり。
私はと言えば、それについていけなくて次第に何も話さなくなっていきます。

周囲から浮いていきます。
もう逃げたくて逃げたくてたまらなく帰りたいのですが、途中で帰るといかにも変で帰れません。
この状態の自分は情けなくてとても受け入れられません。

いるのかいないのか分からないような状態のまま、穴があったら入りたいような思いのまま、その数時間を過ごしたのです。

私はあまりに耐えがたかった出来事を思い出したのでした。

更につい数カ月前の出来事も思い出しました。
ある女の子が、支援者とともに私の元にきました。

その子は就職しており、今支援している方から私へと支援の引き継ぎのためにまずは顔合わせということで来たのです。

彼女は知的障害と緘黙という障害を持っています。
緘黙とは、家の中など親しい人の前だと喋られるのに、家の外に出たら全く言葉を発することができなくなるというものです。

面談が始まり、一緒に来た支援者の方がこれまでの流れと現況を私に説明し、それを受け私が彼女に私の所での支援内容を説明します。

とは言っても、緘黙なので無反応です。
さらには知的障害ということで、質問に対しての反応が相当遅いと事前に聞いていました。

なので私は、ゆっくり説明し一応相手の反応を確かめるのですが、無反応でもさらに確かめることはせずにそのまま続けます。
しかし、どうも違和感を感じています。
織り込み済みとはいえ、喋る間合いがつかめないのです。

やがて、無言で私を見つめるその子と、その様子を眺める支援者の方の目が気になり始めました。
話がぎこちなくなっていきました。

なので型通りの説明をしてそれで終わればいいのに、また例によっていいかっこしいというか、他者の視線を意識した行動に出てしまいます。
今回で言うなら相手の支援者の目です。

私のベースにある勇気づけスタイルの面談を見せようと無理にやってしまいました。
相手の強みや好きなことを見つけようと質問を重ねたのです。

それまで、時折はコクっと頷く時もあったので、それを期待したのですが、完全に無反応。
緊張と動揺でしどろもどろしながら「好きなことは何?」などと無理してテンション上げて聞いても無反応。

いつもならそれでもうまい具合に会話を持っていくのですが、もはや相手の支援者の方の目を意識しすぎて、間合いも何も、緊張と動揺のあまりもうグチャグチャでした。

撃沈です。
認めざるを得ないのですが今までで一番下手な面接でした。


れら二つの出来事をコーチングにより思い出したのでした。
この二つには共通点があるような気がしました。

それは、無理に自分を合わせたり演じたりすること。
一言で言えば、素の自分ではなかったのです。

そしてもう一つ、他者の目を過剰なまでに意識したこと。

これらは私があがり症になった所以というか性質だと思います。

あがり症は良くなりましたが、まだ本質的な部分までは良くなっていないのだなぁと感じた一日でした。
今後はありのままの自分、素のままの自分になることが私の課題でしょう。

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/



(クリックお願いします)

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村