ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12047892630.html

ELM勇気づけ勉強会
前回、また是非!とのお声をたくさん頂き大好評で終えたELM勇気づけ勉強会が8月に再び開催されます。自他共に勇気づけ、明日を生きる活力が得られます。
http://ameblo.jp/732853/entry-12038940968.html

効果的な質問法ワークショップ
カウンセラーを目指す方や対人援助職等の方のための定期的勉強会。
http://www.with-prem.com/  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

社交不安障害(あがり症、対人恐怖症)の方で特にひきこもり傾向の方は、繊細で傷付きやすいため、性格もおとなしく弱々しい所があります。

実際、対人関係で傷付くことを怖れるがためにそういった場をなるべく回避し、身の安全を図ります。

また、人にどう見られるかという他者評価が判断基準となっているため、自分の言動を抑制し、他者に合わせようとします。

そうして自分の安全を図るために苦手な場面を回避し、他者の目を意識して演じる自分に疲れ果て、失望します。

そうして自信をなくし、ますます対人場面への苦手意識を強めていく。
悪循環ですね。

この悪循環の裏には、あまりに完全であろうとする欲望と強迫的なまでの完全主義があります。
一見おとなしく弱々しそうに見えて、実は誇り高さを持つのが彼らの特徴です。

かくあるべしという理想が高いだけでなく、かくあるべき理想の位置から今の自分を見るため、決して自分を受け入れられません。

故に、失敗する可能性のある現実体験を避け、あまり外部と交わらない観念の世界に生きるようになるのです。

また不安や恐怖はあってはならないものであり、それを否定し排除しようとします。
故に感情を認めず、感情を伴いうる体験を避けます。

つまり、社交不安障害(あがり症、対人恐怖症)の方は、現実体験も感情体験も同じ年代の人に比べて極端に少なくなります。

そもそも若い頃は失敗するのが普通です。
失敗を繰り返すことで、耐える力や立ち直る力、努力工夫する力を身に付けていくのです。

その経験をしないで歳を重ねることはリスクを伴います。
変化やアクシデントに弱い自分作りをコツコツしているようなものです。

そもそも生きる上で変化やアクシデントのない人生はありません。

それがあっても、たとえ完全に自分の望むようにならなくても、矛盾した世界を生きていく力を身に付ける必要が社交不安障害(あがり症、対人恐怖症)の方にはあるのです。

そのために必要なことは、まずは自分の悪循環に気付くこと。
そして、感情を否定せずに認めること。
そして、不完全な自分を受け入れること。

これらを真の意味で実践できた時、以前と違う自分がそこにいることにきっと気付くに違いありません。

(質問や相談について)

 

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村