ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あがり症克服ミニセミナー開催!
ついに始まります。月1回講座です。
全てはあがり症に悩む全ての人達のために。
http://ameblo.jp/732853/entry-12045551745.html

ELM勇気づけ勉強会
前回、また是非!とのお声をたくさん頂き大好評で終えたELM勇気づけ勉強会が8月に再び開催されます。自他共に勇気づけ、明日を生きる活力が得られます。http://ameblo.jp/732853/entry-12038940968.html

効果的な質問法ワークショップ
カウンセラーを目指す方や対人援助職等の方のための定期的勉強会。
http://www.with-prem.com/  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

「~ができない」
って言うことありますよね?

あるいは、
「イエス~バット~」
「はい。けれど~」
って言うこともありますよね?

これ一見すると至極もっともなことを言っているように思えますが、よくよく考えてみてください。
自分にとってちょっと大変な、あるいはプレッシャーになることほどこの言葉を言う機会が多くないでしょうか?

「ダイエットができない」
「タバコが止められない」
「部屋が汚いんですけど忙しくて掃除がなかなか・・・」
「身を切る改革ですね。えぇ、分かってるんですけど景気が悪くてなかなか今の状況では難しいんですよね~」

これね、実は「~できない」ではなくて「~しない」って決めているんですよね。
もう、言う前から、しないって決めていることってありません?

そうなんです。
それをあたかもそれらしい理由があるように言ってるけども、やらないって決めているだけなんですよね。

これが、さして大きな影響を及ぼすことでなければいいでしょう。
しかし、物事によっては人生や組織に影響を与えることがあります。

対人援助の仕事でもまた違った形であります。
それは、生い立ちや家庭環境などをもとに、この人はこれこれこうだからこうなんです、だからできないんです、と支援者が決めつけると、その物事は決して良くならないでしょう。

環境や生い立ち、体験などの影響はもちろんあります。
私も日々、かなり濃いケースの方々を支援していますのでそのことは否定しません。

しかし、人は、いかなる環境にあり、いかなる経験をしても、それに対する自分のあり方は自分で決められるのです。

我々は過去に縛られてはいけないのです。
環境、経験、状況等々、避けられないものはあるでしょう。

原因や過去を元に考える限り、そこに進歩向上はなくなります。
「~だから」では分析・解釈にはなっても、そこからは何も生まないのです。

我々には、過去や原因がなんであれ、そこから何ができるかという未来への視点が大切なのです。
「~であっても~する」という視点です。

これは「宿命」に翻弄される人生から「運命」を切り開いていく人生を意味するのです。

(質問や相談について)

 

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご
質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。
カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

 

カウンセリングルームプレム公式ブログ
http://ameblo.jp/prem2014/


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村