ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ELM勇気づけ勉強会開催!

お待たせしました!


前回、また是非!とのお声をたくさん頂き大好評で終えたELM勇気づけ勉強会が8月に再び開催されます。自他共に勇気づけ、明日を生きる活力が得られます。


詳しくはこちら

http://ameblo.jp/732853/entry-12038940968.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

精神科に通院したり精神保健福祉手帳をお持ちの方は何かと役所に行くことが多いでしょう。
私も仕事柄、なにかと役所と絡むことが多いです。

やれ、手帳の申請だ、更新だ。
やれ、自立支援医療の申請だ、更新だ。
やれ、障害年金の申請だ、更新だ。
施設入所手続きだ。
計画相談だ。
課税証明だ。
なんだかんだ・・・

私も主な制度や手続きのことは理解しているとは思うのですが、いや~、難解ですね。
新しい制度ができると、またまた、わけが分からなくなる。

我々でさえそうなのだから、当事者の皆さんにはチンプンカンプンのことがきっとままあることでしょう。

先日こんなことがありました。
私が支援しているAさんという方が就労移行支援事業所という所を見学し、体験実習することとなりました。
そこで今後のことで手続きがあるため、Aさんと一緒に市役所に行きました。
ちなみにAさんの疾患名は統合失調症で、発達障害の傾向もあります。

障害者部門の窓口に行き、担当の人が出てきました。
いつも融通があまり聞かなくて素っ気ない方です。

あちゃちゃ、という思いも若干ありましたが、手続きはそんなに難しくないし私も隣にいるからまぁ大丈夫だろうと思っていました。

その方は、ちゃちゃちゃっと、説明をしていきます。
Aさんは発達障害の傾向があるので、ややこしくなるとなかなか理解が入りづらくなります。
なので、次第に顔に?マークが出てきました。

まぁ、あくまで私の常識ですが、相手が分からなそうなら普通気付くし、そうなったらやや丁寧に説明し直すのが普通です。

ところがその窓口の方は構わず続けます。
しかも説明が下手です。
「体験は何日からとのことですけど暫定が何日からしか付かないので支給決定が~、事業所の実習の日程が~」
Aさんは益々???です。

見ていられません。
介入です。

「暫定って言われても何がなんだか分からないよね。いや、ホンッと難しいのよ。それは~これこれこうで~」
若干、顔が和らぎます。

そして窓口の人が再び説明に入ります。
「計画相談が~聞き取りになります」

???
Aさんはかわいい女性なのですが眉間に皺ができます。

はぁ~、って感じです。
障害の説明の所で、発達障害の傾向があると伝えているのです。
発達障害の特徴は空気読めないとかコミュニケーションに困難さを抱えています。

んなもん分かるわけねぇだろ、と内心思いつつ再び介入です。
横にいるAさんの顔を見ると、あちゃあ~、Aさんにもうダメスイッチの表情が出ています。

「もう、福祉の制度ってさっぱり分かんないよね~、いや分かんないのが普通だから。Aさんはこれだけこうすれば良くて、あとは市役所と事業所のやり取りだから、Aさんには関係ないから」
などと言ってほぐしながら説明しました。

Aさんはようやく落ち着いてきましが、きっと相当混乱したと思います。

市役所の障害者の窓口の人は、なにも専門的知識を持っているとは限りません。
大体3年に一回ぐらいの頻度で土木科とか財政課といったような各部署を異動するのです。

誤解を恐れず言うのなら、全く障害のことを知らない人がいきなり窓口に来ることもあるわけです。
もちろん、中には精神保健福祉士の資格などを取って熱心にやっている人もいます。
ハッキリ言いすぎれば、ピンキリなんです(福祉職に就く我々も含めて)。

しかし、それでも思うのは障害の知識等は追々勉強していけばいいでしょうが、ただ、面談スキルは最優先で身に付けてほしいのです。
でないと、何らかの障害を抱えた方を傷付けることにもなり得るからです。
トラブルにもなるでしょう。

ということでピンときました。
いつかやろう、役所で窓口業務に携わる人のための面談スキルアップ研修を。

(質問や相談について)

対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  



(クリックお願いします)

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村