こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

今日は、職場で集団認知行動慮法を行いました。
7人の参加者がいましたが、持っている障害は多種多様です。

本来、集団認知行動療法はうつ病の方に対してがほとんどですが、中には社交不安障害の方などにも対象を絞って行うこともあります。

しかし、私の職場で支援している方々は本当に様々な障害をお持ちです。
これまでの参加者の障害を挙げていくと、うつ病、統合失調症、知的障害、発達障害、身体障害、社交不安障害、解離性障害、解離性人格障害、境界性パーソナリティ障害、パニック障害、若年性パーキンソン病、双極性障害、
・・・なんだか書ききれないのでもう止めます。

まさに障害のオンパレードです。
普通、対象を広げてこういった方々に集団認知行動療法を行うことはあり得ないことです。

なぜなら、それぞれの障害特性に応じて接し方、伝え方は異なるものであり、状態や程度によっても、この場をファシリテートしていくことは至難の業です。

なので私達も考えました。
そもそも認知行動療法とは、やけに小難しくて(おっと失礼)、なかなか取っつきにくい面があります。

ならば、ちょっと緩めて対象を広くして、誰にでも分かりやすいものをやっていこうと。
なので、一番分かりやすい教材を買って、それに沿って取り敢えずやっているという所です。

今日を含めて計3回やりましたが、いやいやなかなか使えますね。
結局のところ、こういったプログラムの全ては結果です。
役に立ったかどうかです。
参加者が満足したかどうかです。

参加者の感想として満足度は結構いい感じです。
ていうことで、起業した時にこのプログラムを使おうと思いました。

ていうか、いやむしろ、さっさとやっちゃおうと。
なので、今年の夏あたりから、まずはあがり症の方向けのミニセミナーからまずは始めていきますが、この集団認知行動療法もそれに次いでやっていこうかと思います。

対象は、まさにオンパレードの皆さん。
様々な障害の方々、そして障害があろうが無かろうがちょっと悩みを抱えている方々、支援者やカウンセラー、一般の方々、もう対象は誰でも、ブワーッとやっちゃおうかと。(まぁ、ちょっと状態が悪い方はさておき)

だって、誰にでも役に立ちそうだから。
仲間たちと相談して具体的なスケジュールに落としていきたいと思います。

早くやりたいなぁ。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。
カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

 


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村