こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

私はほぼ毎日、精神疾患をお持ちの方と接しています。
障害者の就労支援とはいえ、実際に相談に来られる方の多くが精神障害者の方々です。

3障害、いわゆる知的障害、精神障害、身体障害の方々の就労支援をしているわけですが、例えば身体障害者の場合、最初の数回相談に来られ、あとは自分で判断し行動できる方が多いです。

また、知的障害の方は、頻繁に私の所に来て相談するよりも、今在籍している施設の支援を受けることが多いです。

なので、実際に私の職場の事務所に、例えば週1回程度で相談に来られる方のほとんどが精神障害者の方なのです。
就労面の相談だけでなく、必然的に生活面やメンタル面の相談もします。
さながらカウンセラーです。

毎日、精神障害者手帳を持っている方と会っていると、麻痺してきます。
障害という言葉そのものの印象、障害者として受容することの苦しみ、負のレッテル、恥ずかしさ、等々。

そうして時に思いだすのです。
その言葉を背中に背負うことの重さを。

ある人は言います。
障害者手帳は要らない。

またある人は言います。
障害を認めたくない。

精神障害者であると認めることは、覚悟や失望を伴なうものだというごく当然のことを、支援者である私自身が忘れてしまいがちになるのです。

私は人生で何回か精神科や心療内科に行きました。
最初は、高校2年生の頃です。
いきなりあがり症になってしまって、急性期の苦しみに耐えられずに音を上げてしまったのです。

今でも覚えています。
優等生で自信満々に生きてきた自分が、学校の裏山にある精神病院に人目を忍んでコソコソ行ったことを。
その様子は、さながらコソ泥と一緒だったに違いありません。

この事実は、当の自分自身が断固として受け入れられませんでしたし、更には他者に対して絶対に知られてはならない秘密でした。
知られたら俺の人生は終わりだと思っていました。

また、20代後半に何ヵ所かの心療内科に行きました。
当時も同様です。
絶対に人に知られてはならない秘密です。
病院への行き帰りの道は、私にとって敗北者の道でした。
光などありませんでした。
いつまで続くのかという先行きの見えなさは、絶望感を伴ないました。

自分が精神障害等、何らかのマイナスの要素を持つことを、スティグマ(負の烙印)と言います。
私は、自分自身にスティグマが押されることを命がけで拒否しようとしたのです。

今、時代は変わり、まだまだ課題はあるものの、精神科、心療内科、カウンセリングルーム等は、どんどん地域に開かれてきています。

人里離れたような所にあった精神科は、街の綺麗なビルにその場所を移し替えてきています。
入院漬けだった精神病患者は、今後徐々に地域へと移っていくことでしょう。

平成30年には精神障害者の雇用義務化が施行されます。
これから、身体障害者、知的障害者に遅れて、ようやく精神障害者の時代がやってきます。

当事者の負のレッテル感を下げ、一方社会の偏見をなくし敷居を低くしていく。
まさにノーマライゼーションの概念の浸透化が、精神障害者にとってより生きやすい社会へと変化していくことに繋がるのです。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。
カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

 


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村