こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

もう既に亡くなられた方ですが、平澤興という京大の総長を務めた方がいます。
その方のエピソードで、若干細部は異なるかもしれませんがご紹介させて頂きます。

昭和30年代の頃でしょうか、ちょうど学生運動が盛んなときに京大の総長を務められていました。
学生による過激な運動もあり、授業などが成り立たないような状況の中、ある日、総長室に京大の学生達がなだれ込んできました。

学生達は総長にあれやこれやと要求します。
というより脅します。

平澤興は非常に穏やかな人徳者でしたが、即座に断固として断ります。
訴えは聞き入れることは出来ないと。

学生達は反発します。

総長は答えます。
「今の君達に軽蔑されることは何ら構わない。しかし、20年後30年後の君達に軽蔑されるようなことはしたくない」と。

学生達は押し黙ってしまったと言います。

この平澤興という方は、私が非常に尊敬する方です。
この方のある言葉が私に強烈な印象を与えたため、紙に書いて部屋に貼ってあります。

「教育とは火をつけることだ。
火をつけて燃やすことだ。
しかし、火をつけるということはこちらが燃えてなくてはできない。
人を燃やし、喜びを与えていくことが最高の生き方だ。」

私はカウンセリングなどの対人援助の仕事をしています。
カウンセリングでは、いろいろ流派はあるものの、基本的にはクライエントの内発的な動機が高まるのを促していきます。
クライエントが自ら気付いて、自らに静かな炎を付けるのを待つのです。

しかし、思うのです。
目的は、クライエントの消えてしまった生きるという蝋燭に再び火が灯ることです。
燃え続けていく生きる力を回復することです。

ならば、本人がつけるのもいいが、他者が付けることが出来るのならそれもいいのではないかと。
それはカウンセラー(対人援助者)ではなく教育者や宗教家かもしれません。

私は、もう年齢的に無理ですが、平澤興が言うような教育者への思いもかねてからありました。

私は迷っています。
対人援助者としてのスタイルで行くのか、教育者としてのスタイルで行くのか。
ただ、勇気づけが根本であることは変わりないでしょう。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。
カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村