こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

シンプルに言います。
私達が立っている地点を0とします。

私達は生きている以上、どんな人であれどこかに向かって生きています。
生きる方向性です。

生活を良くしたい。
向上したい。
出世したい。
幸せな家庭を築きたい。
健康でありたい。
友達と仲良くやりたい。
楽しく生きたい。
より良くありたい。

生きる方向性を持っている以上、私達が行動することのほとんどは、0の地点から前に進むことに繋がります。

宿題を解く。
運動する。
おしゃべりする。
飲み会に行く。
筋トレする。
恋人に電話する。
子供を産み育てる。

0の位置に立ち、0から決して届かないかもしれない理想の100を目指して一つ一つ前に進んでいくのです。
今日も一つ進んだ。
ささやかな幸せであり、満足です。

時折、後退することあるでしょう。
生きている以上、それもいたし方ありません。

失敗もします。
挫折することもあるかもしれません。
絶望することもあるでしょう。

しかし、私達は、また立ちあがり、その時の0の位置から前に歩いていきます。
水前寺清子の歌の、3歩進んで2歩下がるは、あるべき真実を言っています。

ところがです。
時に0の位置に立っていない人がいます。

まるで幽体離脱したかのように100の位置に立ち、100の視点で0の自分を見下ろすのです。
立っている基準地点が100である以上、いかなる進歩も足りないと考えます。

0から1に成長しても、基準が100である以上、マイナスは99あります。
20に成長したとしてもそれはマイナス80です。

そうです。
99の極限まで成長したとしても、100から見下ろす限り、それはマイナスとなるのです。

これは実に苦しいことです。
時折いるのです。

我々から見たら、社会的にも成功し、幸せな家庭を築き、まるで理想のような人生を歩いている人が挫折感に苛まれていることが。

家族全員が医者の家系で、医学部に入れず薬学部に入った子。
同様に東大に入れず早稲田に入った子。
官僚の出世コースから外れた人。

私が、以前知っていた方で、正にこの例にあてはまる女性がいました。
家族が医師の家系で、彼女も医師でした。

詳しくは分かりませんが、留学したり、研究の方でも活躍され学生にも教えていました。
容姿も整っています。

誰もが羨むような状況にあった方だと思います。
しかし、彼女には唯一受け入れられないものがありました。

あがり症です。

華々しい能力と家系と生活と容姿を持ちながら、あってはならないもの。
それがあがり症だったのです。

傍から見たらさっぱり分かりません。
人前で饒舌に喋り、学生にも講義している。
緊張しているようにも見受けられない。

しかし、表情には間違いなく書いてありました。

自分を受け入れられていないと。
眉と目が曇っているのです。
断固として今の自分を否定しているのです。

100の完璧を崩す唯一のもの。
あがり症が、彼女の99の成功を全て打ち消していたのです。

一体何が私達の幸福を決めるのでしょうか。

私達は立ち位置をしっかり見定める必要があるのです。
つまり、価値観の基準です。

他者と比較した自分ではなく、理想像から自分を見下ろすのではなく、過去の栄光の自分ではなく、今の自分です。

今。
そうです。
今の自分、0の自分に返るのです。

私達は、0の自分から1進むことのささやかな満足を噛みしめる必要があるのです。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。
カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  


(クリックお願いします)

 

 


(クリックお願いします)
にほんブログ村