こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

日本の精神医療の分野は他の先進諸外国に比べて遅れていると言われています。
例えば入院時の平均日数は、OECD諸国はほとんどが50日以内であるのに、日本は約300日で最も長い入院期間となっています。

イタリアでは1978年に「バザーリア法」という革命的な法律が施行され、精神病院が次々に閉鎖に追い込まれました。
隔離された世界から精神病患者を地域社会へと解放したのです。
この一連の流れは、イタリアにおいて映画化され、40万人を超える動員で異例のロング公演となりました。

私は、この映画の日本名で「人生、ここにあり!」を見ましたが、歴史を変革する大きな出来事は変人によってなされる?といった感を強くしました。
以後、約30年に渡り、イタリアには精神科病院がなくなって今に至るのです。

それはさておき、私は以前に社会福祉士や精神保健福祉士という資格を勉強した際に、精神科病院の閉鎖病棟の写真などを良く見せられました。
そこには、なんとも言えないような写真が載っていました。

部屋の中はガランとして何もなく、はじっこに布団が、そして少し離れて、つい立ても何もない穴だけがぽっかり空いてあるトイレがあるのです。
鉄格子を嵌められた入口の扉のガラス越しにから中を見ると、用を足している時に中が丸見えなのです。
プライバシーもへったくれもありません。
まぁ、たしかに自傷行為等犯させないように、見えない空間を作らないという意図があるのだとは思いますが。

そういった写真を何枚も見せられて、私は閉鎖病棟にはおどろおどろしいイメージを持っていました。

そして最近、私の担当の人が入院したり、あるいは別の人は精神科病院で看護補助の仕事で就職したりと、閉鎖病棟に何回か訪問する機会がありました。

ところがです。
ちょっとこれまでの私のイメージとは全く別の世界がありました。
最上階にあって、ガラス張りの大きな窓からは病棟内にポカポカした幸せな雰囲気が流れます。

そして、なんか、じいちゃん婆ちゃんばっかりなのです。

もちろん中には若い人もいますが、ほとんどが高齢者。
しかも病状が安定しているため、精神疾患を持っているのか、認知症なのか、外見からは良く分からないような人がほとんどです。
看護補助で就職した人の仕事も、排せつ介助、入浴介助、食事介助と老人ホームと何ら変わりなし。

病院の副看護部長に聞くと、最近は他の病院も高齢化が進んでいるとのことでした。
おそらく今後もそういった流れが続くのではないかと思いました。

もちろん、保護室と呼ばれる更に奥の部屋はさすがに見ることはできませんでしたが、ちょっと精神科病院の印象が不思議な感じで変わった瞬間でした。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

 

 

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 


(クリックお願いします)

 

 


にほんブログ村