こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

アドラー心理学においては、様々な独自の概念が出てきます。
劣等感、劣等コンプレックス、優越コンプレックス、目的論、共同体感覚、自己決定性、使用の心理学、ライフスタイル、不完全である勇気、相互尊敬・相互信頼、etc・・・

思いつく限り挙げただけでも、ざっといろいろ出てきます。
その中でも、今日は共同体感覚について改めて感じたことがあったので、そのことを書きます。

アドラー心理学とは?と問われると、まだ学びの浅い私は戸惑います。
勇気づけこそアドラーかな?、とか劣等感かな?共同体感覚かな?とか。

私の対人援助の理念に勇気づけというキーワードがあるので、勇気づけを押したいのですが、共同体感覚も相当重要な概念であることにある本を読んで改めて気付きました。

その本は「勇気はいかに回復されるのか」(岸見一郎、訳)。

その本の中では、共同体感覚についての言及が数多くあります。
そもそも、共同体感覚とは何かですが、それは他者とのつながりであり、人との関わりであり、所属意識のことを言います。

震災時には絆と言う言葉がクローズアップされました。
まさに、共同体感覚の濃い言葉を意味していると言えるでしょう。

そして、共同体感覚への貢献がいかに大事であるか。
言葉では理解していましたが、アドラーの言葉に改めて感じ入りました。

アドラーは100年ほど前に活躍した方ですが、様々なクライエントに結果の伴うカウンセリングをしました。
そのアドラーが言うのです。
「勇気はいかに回復されるのか」(岸見一郎、訳)から抜粋します。

「私の努力の全ては、患者の共同体感覚を増すことに向けられる。私は病気の真の理由は協力しないことである事を知っている。そして、私は患者にもそのことを分かってほしい。仲間の人間に対等で協力的な立場で結びつくことができればすぐに治癒する」

「対人関係の問題は他の人に関心を持つ時にだけ解決されうる」

「私の行動が共同体にとって有用である時にだけ、自分に価値があると感じることができるという真理を認めることは、勇気を覚醒する際の最初の一歩である」

「犯罪の適切な予防は、適切な程度の共同体感覚である」

不眠症の患者には次のように言います。

「寝られない時には、どうすれば誰かを喜ばせることができるかを考えなさい」

つまり、アドラーは生きることに困難を抱える全ての人に対して援助する際に、共同体への貢献に向かわせることを主眼としているのです。

その共同体は一対一の関係かもしれない。
友人、夫婦、恋人。

あるいは複数なのかもしれない。
家庭、会社、近所、仲間。

あるいはもっと大きな範囲かもしれない。
地域、町、国、人間社会、地球。

いずれにせよ共同体への貢献感を増すことに、アドラーはカウンセリングにおいて特に意識しているのです。

私はこれらのアドラーの言葉に改めて勇気づけられました。
そうなんです。
私の元にこられる様々な悩みを抱える方々は、どうしても自分のことばかりに向けてしまいがちです。
困難の最中にいるのですから当然と言えば当然でしょう。

しかし、与えることは与えられることです。
放てば手に満てりとも言います。

人は他者へ貢献することでいかに自分が満たされるのか、勇気づけられるのか。
人の役に立ち、人に必要とされることで、いかに自尊心を高めることができるのか。

私のカウンセリングの理念に改めて書き加えることができました。

それは、クライエントの共同体感覚を増加させること。
共同体への貢献を図っていくこと。

人は他者への貢献を通して自らが救われていくのです。

-------------------------------------

ーーーELM勇気づけ講座開催!ーーー

埼玉県の浦和市で、勇気づけ講座を格安料金で開催します。

勇気が欲しい方、感情のコントロールに困っている方、自分自身の性格のクセを知りたい方、人とのより良いコミュニケ―ションを求めている方、学びたい方、他どなたでも関心のある方は是非お越しください。内容は以下になります。

講座名:ELM勇気づけ勉強会(1~6章)
日時:5月30日(土)10:00~16:00

場所:仲町公民館第一会議室(浦和駅西口徒歩15分)
http://www.city.saitama.jp/urawa/001/001/005/009/index.html

定員:18名
参加費:2000円
講師:佐藤たけはる
主催:GMTO研究会

講座内容:

第1章:さまざまな見方・考え方の存在を意識する
第2章:聴き上手になる
第3章:言い方を工夫しよう
第4章:感情と上手につきあう
第5章:自分のスタイルを明確にする
第6章:セルフ・トークを意識する

このELM勇気づけ勉強会では、勇気づけの心理学と言われるアドラー心理学をベースに、体験型ワークで学びを深めていきます。
「勇気づけとは、困難を克服する活力を与えること」と言います。
講座を通して自分自身を勇気づけ、他者を勇気づけ、明日を生きる活力を得ることを目的とします。

是非皆さんのお越しをお待ちしています。

ELM勇気づけトレーナー
佐藤たけはる

※開催が間近となっていますのでお早めにお申し込みください。
以下のHPのお申込みフォームよりELM講座申込みと記載の上、お申し込みください。料金は当日払いです。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  

-----------------------------------
--

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/  


(クリックお願いします)

 


にほんブログ村