こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。


3、4年ほど前のことでしょうか、私が話し方教室に通っていた頃、熱意のある若い男性がいました。
その子とは、たまたま家が近かったこともあり、食事しに行ったこともありました。

スピーチコンテストというイベントの際に英語でスピーチしたりして、前向きさがあふれかえらんばかりの人でした。
一方、そもそも話し方教室に通い始めた動機は人前で話すことが苦手だったから、という面は当然ありました。

そして、ある時、その子が言いました。
「先日、何百人という聴衆がいる講演会で思い切って講師に質問しました。ブルブル震えましたが何とか質問しました。」

これ、あがり症の方なら分かりますよね?
到底、あり得ないことですよね。
そんな発想など持ちようもない。
恐ろしくて想像もつかない。

私は、感動しました。
何に?
それは、質問したことそのものよりも、ブルブル震えるぐらいのプレッシャーがありながらも質問した彼の勇気ある行動に対してです。

感動は次なる行動を呼びます。
人を触発します。

私はその後まもなく50人ぐらいの参加者のセミナーに出ました。
講師の先生が言いました。
質問はありませんか?と。
その時、彼のことを思い出しました。

迷いました。
そんな、無理してやらなくても。
いや、男だろ。
頭の中で天使と悪魔がやり合っていました。

私は逡巡しながらも、ついに手を挙げたのでした。

おそらく彼の行動を聞かなかったら、何を好き好んで、やりたくないことをやることはなかったと思います。
よりによって、最も怖れていることを。

しかし、彼の行動が、恐怖の裏にある私の欲望を触発したのです。
本当は、そういった場で質問できる自分でありたいのです。
ダメな自分を卑下するのではなく、誇り高き自分でありたかったのです。

これが、同じ悩みを持つ仲間とのつながりの強さなのです。
横のつながりは人を勇気づけるのです。

カウンセラーの私が言うのもなんですが、同じ悩みを持つ仲間からの一言は、時としてカウンセラーの言葉をはるかに凌ぐ一言になることがあります。

ですから、いずれ私は、あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の方向けに、横のつながりを持てる場を作る予定です。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 


(クリックお願いします)

 

 


にほんブログ村