こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。

車を運転している時、霧が出てきました。
霧が晴れるまで運転しづらいので車を止めました。

にきびがあります。
にきびがあるといじってしまうので気になってしょうがありません。
なので授業に集中できないと言います。

雨が降っています。
雨があがるまでは濡れるのが嫌なので、外出しません。

飛び込み台の前に立っています。
不安がなくなるまでは飛び込むことを止めました。

人と会話をするのが苦手です。
会話するのに苦手意識がなくなるまでは飲み会に出るのを止めました。

社交不安障害です。
なので社交場面に出ることを止めました。

そうです。
これらはみな同じ理屈です。
あがり症の人の傾向として、障害が完全になくなるまでは行動しない所があります。

これを段階的思考と言います。
不安や恐怖がなくなるまでは危険なので行動しない。

なるほど理屈は通っています。
しかし、そんなことが可能なのでしょうか?

そもそも私達には目的があるはずです。

目的地に早く着くためには、霧があってもライトを照らして進む必要があります。
にきびはあっても、授業に集中することはできるはずです。
雨は降っていても、傘をさして外出することはできるはずです。
不安はありながらも飛び込み台から飛び込むことはできます。
人と会話することが苦手でも飲み会に参加することもできます。
社交不安障害であっても、社交することはできます。

100%の安全がないといけないのでしょうか?
たとえ障害があっても50%の安全、60%の安全でヘルメットをかぶり、シートベルトをして生きていくのが人生です。

もし100%の安全を望むのなら、車には乗らない方がいい。
飛行機には乗らない方がいい。
いつ事故に遭うか分からないのだから。

いやそれよりむしろ、外に出ない方がいい。
何が起こるか分からないのだから。

人に会うのも危険だ。
世の中には何をするか分からない人がいる。

ならばずっと家にいるのが安全だ。
いや、待てよ。
地震が来ると大変だ。
日本から出た方がいい?
いや、むしろ生きていることそのものが危険?

それでいいのでしょうか?
本当はどうしたいんでしょうか?

目的地に向かって進みたい。
勉強に集中したい。
外出したい。
飛び込み台から飛び込んでみたい。
人と会話したい。
人とうまく社交したい。

目的がある限り、リスクゼロはあり得ません。
リスクはありながらも自分の人生をどうするかは自分で決められるのす。

リスクはありながらも行動することはできるはずです。
あがり症の方には「~ながら」「~であっても」の行動が求められているのです。

霧はあっても、雨は降っていても、気分は晴れなくても、不安はあっても、前に進むことはできるのです。

0か100%思考を止め、50%のコンディションで日々を乗り越えていく。
それは、あがり症の人だけに必要なことではありません。

全ての人はそうして生きているのです。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 


(クリックお願いします)

 

 


にほんブログ村