こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。


私は17歳の頃あがり症になり、長年苦しんできました。
30歳ぐらいの頃に森田療法という本に出会い、そこから人生が徐々に変わっていきました。

その本は私にとって衝撃でした。
まるで、私のことを誰よりも知っているかのように書かれていた本だったのです。
以後約10年を経て私は変わりました。

森田療法の創始者、森田正馬は大正から昭和の時代の人ですが、私にとっては時代を超えた師です。

去年、森田療法学会が主催する全12回の森田療法セミナーの入門コースに参加しました。
入門コースとはいえ、森田療法の第一人者たちが入れ替わり立ち替わり講義してくださり、内容は非常に濃いものでした。
参加者も精神科医、臨床心理士がほとんどで、私がこれまで学んできたカウンセリングの学校等とは参加者のタイプが明らかに異なっていました。

そして、今日、新年度からさらにそのステップアップコースである、森田療法アドバンスコースの初回に参加しました。
この辺に参加する人はかなり専門的です。
ゼミ形式で、いずれ症例の発表もしなければなりません。
そして全7人のうち、なんとか大学とかの精神科医の方が5人、あと一人が臨床心理士。

そして私の肩書きが障害者就労支援コーディネーター。
もう違和感ありありです。
なんでここに俺がいるの?って感じ。
本来、もっとも苦手とするような場です。

しかし、私は今日非常に感慨深くこの場に臨みました。
ついにここまで来た。
そんな思いでした。

私はこれまで、少ない給料のほとんど全てを勉強代につぎ込んで、ありとあらゆる心理関係のセミナーや学校、研修等に出てきました。
その中でも、今日、この森田療法セミナーアドバンスコースに参加することへの思いは別格でした。

なぜなら、私は森田療法に出会い、
森田療法に救われ、
そして、これからは森田療法を理論的支柱にあがり症の方々を支援していく予定ですからです。

自己紹介で私は次のように話しました。

「〇〇障害者就労支援室の佐藤と申します。私は対人恐怖症の当事者です。私は森田療法に出会い回復しました。そしてあと1年後ぐらいに今の職場を辞めて、あがり症の方向けのカウンセリングとワークショップを始める予定です。なので森田療法の学びを深めるために今回参加しました。よろしくお願いします」と。

約半年かけての勉強になります。
学びを深めるだけでなく、森田療法を実践する精神科医の方々や森田療法関係者の方と関係を深めることができればと思っています。

今日を感謝。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 


(クリックお願いします)

 

 


にほんブログ村