こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。


アドラー心理学に早期回想診断というものがあります。
これは、感情を伴なう記憶で、最も小さい頃から遅くとも12歳ぐらいまでの記憶をクライエントに語ってもらうものです。

何個か早期回想を挙げてもらい、それを元にその人のライフスタイルを分析していきます。
早い人だと、2、3歳ぐらいの記憶が挙がります。

私も2歳の頃の記憶が最も古いものでした。

ちなみに三島由紀夫は、生まれた時に産湯の中で周囲を見ていた様子を「仮面の告白」に書いています。
天才タイプはホントかどうかは知りませんが、極端に早い早期回想を持っているようです。

更には、生まれる前の記憶を持つ子もいるようです。
この辺になるとこのブログの本題から外れるし、私にも未知の世界なので控えておきます。

それで本題に戻りますが、何個か挙がった早期回想を元にその人のライフスタイル、すなわち人生での傾向性を分析していきます。

同じ出来事があっても人によってどう考え、どう感じ、どう振る舞うのかは全く異なります。
その思考や行動パターンがその人のライフスタイルなのです。

それを探し出すことでいま起きている問題を見つめ直し、より良い行動の変化を促していくのです。

認知行動療法で言うスキーマという概念と非常に似ています。
異なるのは、認知行動療法のスキーマはなかなか探すのが大変なのに対し、アドラー心理学の早期回想診断の場合は非常に安全性があり、驚くほど的確かつ早く、その人の傾向性すなわちライフスタイルを見つけ出すことができる所です。

ちなみに寝る時に見る夢からはその人の現在の状況を探ることができます。

もし興味のある方いましたら、1、2回程度の対面や電話カウンセリングで簡易的なライフスタイル診断をすることができますので、是非ご連絡ください。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 


(クリックお願いします)

 

 


にほんブログ村