こんにちは。

勇気づけを理念に対人援助の仕事をしています佐藤と申します。

あがり症(社交不安障害、対人恐怖症)の当事者、回復者、治療者 として、あがり症に悩む全ての人のために、あがり症の仕組みや克服法、そして赤裸々な体験など、あがり症の全てを語っていきます。


引き続きアドラー心理学について語っていきます。

2人兄弟がいるとします。
兄は成績優秀でみんなの尊敬を集めているのに、弟の方は、グレてしまって悪仲間と遊んでばかり。

親御さんは悩みます。
同じ子育てをしたのにどうしてこうも違うのだろうか?と。

アドラー心理学においては、これを当然ありうべきことと考えます。
アドラー心理学においては、幼少期の兄弟関係を非常に重視するのです。

このケースで言うなら、弟は兄との競合分野を避けて、自分が注目を浴びることのできる違う分野を選んだと考えるのです。

これら二つは全く正反対の生き方のように見えて、実はベースにあるものは同じなのです。
この兄弟の努力の方向性は、双方とも親や周りからの注目を集めたいという点で一致しているのです。

子供は誰しもが親の注目を浴びようと全力で頑張ります。
なるほど、弟は最初は勉強などで健全な努力をしたのかもしれません。
しかし、それで兄に優っていたなら良かったのでしょうが、叶わなかった。

頑張っても兄に勝つことはできない、そのことを認識した時、弟は戦略を変えます。
運動なのか、音楽なのか、遊びなのか、ターゲットを変えるのです。

そしてそのどれもが叶わなかった時、最後には非行や悪仲間との交友に走るのです。
健全な「ほめられる」という正の注目が得られないと負の注目を集めるよう努力していくのです。

では、あがり症(社会不安障害、対人恐怖症)の方はどうか?

ハッキリ言って注目なんていらないですよね。
ていうか、そんなもの冗談じゃない。

自分の成績や得意分野での注目ならともかく、人前での注目なんて欠けらもいらない。
全くいらない。
断じていらない。

それなのに、注目を浴びないように浴びないようになどと考えれば考えるほど、逆に注目を浴びてしまう。

本当は誰もあなたのことを見ちゃぁいないですよと言っても、過剰に見られていると思ってしまう。
そしてまるで芸能人か何かにでもなったかのように、スポットライトを浴びているような感覚に陥る。

それが快感ならいいでしょう。
しかし、そうではありませんよね?

怖れることを望まなければ望まないほど怖れることが襲ってくる。
なんと皮肉なことでしょう。

正にあがり症(社会不安障害、対人恐怖症)は、逆説の病なのです。

注目を過大に捉えると怯えます。
注目を否定すると余計囚われます。

注目はなくなることはありません。
注目は等価に受け止める必要があるのです。

あがってもいいのです。
あがるのは当然のことなのです。

人間なのです。
ましてやあがり症なのですから。

大切なことは、たとえあがっても、その場の目的に一生懸命になることなのです。

その場の目的とは、伝えること、理解してもらうこと、人の話を聞くこと、仲良くなること、会話すること、商品を売ることなのです。
さらに言うなら、絵を見ること、掃除をすること、物を買うこと、草むしりすること、ものを作ること、
何でもいいのです。
その場の目的に「なりきる」。
それこそが、あがり症者に求められていることなのです。

そして、それが「あるがまま」に目的本位に生きる、というあがり症者にとっての目指すべき姿なのです。

(質問や相談について)
対面カウンセリングだけでなくメールカウンセリング・電話カウンセリング等も用意しております。ご質問だけでも構いません、是非お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは下記ホームページからでもブログからでも大丈夫です。

また、何かご質問やご相談、ご意見等ありましたら、是非遠慮なくコメントしてください。
皆様からのたくさんのコメントお待ちしております。

カウンセリングルームプレム
http://www.with-prem.com/

 


(クリックお願いします)

 

 


にほんブログ村